今までノマドワークしてきた海外のカフェ、自然などを写真メインで紹介!【NY、アメリカ、イギリス、オランダ、オーストリア、スペイン、インド、ドバイ、メキシコ、インドネシア、マレーシア、シンガポール...etc】

投稿日:2019/03/10 更新日:

森です。

最近なぜか何人かのメルマガ読者さんから、

「森さんが今まで仕事してきた場所を知りたいです!
写真のせてください!たくさん!」

というメッセージをもらう機会がふえました。

なので今日はただ単に、

「こんな場所でノマドワーク、というか仕事してきました!」

というようすを写真メインで紹介していこうと思います。

 

 

 

NY

NYでのバターコーヒーとの出会いが僕の人生を大きく変えました。

それまで日々クタクタになっていたのが一気に回復!

ちなみに、

去年は5回ほどNYへ行ったのですが
毎日いろいろなカフェへ通いニューヨーカーに混じり
パソコンをカタカタとひたすら仕事に没頭してました。

なんかクールな感じで
本当、気分は最高でしたね!

 

ブルックリンにある「Brooklyn Roasting Company」

美味しいコーヒーが飲める割にいつも空いてる穴場。

たぶん場所が地下鉄の駅からけっこう離れてるのが
空いてる理由かなと思いますが
その分のんびりとリラックスできるので
僕のお気に入りのコーヒーショップです。

 

ブルックリンに何店舗かありました。

 

 

外観とのギャップやばいカフェ「NORMAN」

個人的にはこのカフェが一番好きかもしれません。

にしても赤レンガ壁の上に落書きされた外観からは
想像も付かない店内の雰囲気。

完全にこのギャップにやられました...笑

ここへもよく通いましたね。

 

 

Airbnbで泊まったステイ先

たしか一泊50ドルくらいだったと思うんですが
屋上から見えるマンハッタンの景色が最高にきれいでした!

あと、ホストのカップルも良い人だった。

 

 

NYの玄関口「JFK」にて

どこの空港でもそうかと思いますが
空港ってわくわくしてくるというか
めちゃテンション上がりますよね!

 

 

イーストリバー沿いの公園にて

NYの魅力的なところは、公園など自然がけっこう残っていて
癒やしスポットがけっこうあります。

イーストリーバー沿いにもたくさんのそんな
スポットがあります。

特に夕暮れ時の散歩は本当に最高です!

 

セントラルパークでも

NYで自然といえばこっちのほうが有名ですよね。

仕事したあとの散歩にももってこい。

他にも、ただぼーっと草野球観戦とかもアリ!

 

 

NYその他

適当に地下鉄にのってひたすら読書したり。

 

ときにはマクドナルドでも。

 

バターコーヒーでエネルギーチャージ!

 

 

 

NY以外のアメリカ

アメリカへ行ったときはNY以外に
アトランタ、テキサス、LAなどの
取引先に会いに行ったりもしました。

もちろん、

ついでに雰囲気が良さそうなカフェを探して
そこで仕事もしましたよ。

 

LA

初LAだったんですが、僕としては
NYの方が断然好きかなということが分かりましたね。

もちろん、海は最高だったけど...

 

 

テキサス

TX・オースティンでオシャレなカフェを発見!

 

あと、ちゃんと仕事をしてる様子も。笑

アメリカのFedexにて、自分で日本に商品を発送!

 

ラレードというメキシコ国境沿いの街へ。

取引先の人にメキシコへ連れて行ってもれったんですが
帰りにアメリカのVISAの用紙を忘れたことが発覚。

別室で簡単に発行できたんですが、そこには
メキシコからアメリカに入国拒否された人たちが
50人くらい箱詰め状態でした。

トランプ大統領就任の時期だったので
尚更、メキシコの現実を目の当たりに...

輸入ビジネスの取引先を通じて
貴重な経験をすることができました。

 

 

3日連続でクラブへ通い、ひたすらテキーラをショットで!笑

 

アトランタ・ジョージア州

取引先に会いに行ったらなんと
スクラップ工場だったことが発覚!

まさか輸入ビジネスでアメリカの
スクラップ工場とつながることになるとは...笑

 

デカイ岩がある観光地へいったり
飛行機がすぐそばに見えるホテルに泊まったり
アトランタの旅はなかなかいい思い出になりました。

 

マイアミ

マイアミ・バイスを見てつい行きたくなって...

アメリカの東海岸は日本から離れているだけあって
「遠くにきたな~」という感じがしましたね。

もちろん日本人ぜんぜん居ない。

個人的にはLAよりもこっちのほうが好き!

 

 

 

ドバイ

当時、奥さんがドバイで働いていたので
年5回くらい通いました。

今思うとけっこう大変だったな~。

ちなみに個人的にはドバイは
全くもって好きになれかったです。

理由は自然がゼロで人工的すぎる
教養レベルが低いとか
半年も続く夏があつすぎるから。

昼は45度くらいで夜でも35度って...

1回いけば満足って感じかな。

 

これはアブダビ。ドバイから車で2~3時間くらい。

 

ホテルは1泊1万円以上かかるので
ドバイステイはそれなりにお金がかかりました。

 

 

砂漠のど真ん中にあるホテルにも泊まりました!

 

 

ロシア

今住んでるのがロシア。

住んでるのでノマドワークとは
言えないかもしれませんが...

冬は-20℃以下になるんですが
住んでみて意外と平気なことが分かりました。

逆に夏は30℃以下で快適。

英語が通じないことだけが唯一の難点。

 

カザン

人口100万人規模の都市なのですが
雰囲気がいいカフェとか仕事できそうな場所は
かなり少ないです。

図書館とかも許可が無いと入れないとか
ロシア語ができないとかなり行動が制限されるので
それなりにストレスが貯まりますね。

ただ、探せば一応オシャレで
美味しいコーヒーが飲めるカフェはありました。

 

カザンのマンションではネズミ君といっしょに仕事!

 

ロシアの田舎

ロシアにいるときはほとんどこの田舎町にステイしています。

この田舎町にはカフェが一件も無い
というのが難点ですが...

自然が豊富でオーガニックフードが手に入りやすく
さらに水や空気がぐぞく綺麗など
僕にとっては天国みたいな町です!

 

夏はさらに天国!

 

 

メキシコ

世界一好きな国!

タコス!ラテン系美女!笑

 

メキシコシティ

ステイ先からは築数百年の教会が見えました。

気候がいい日は屋上で仕事することもできて
本当快適なメキシコシティステイでした。

 

メキシコの超クールな図書館でも。

近未来的な作りがめちゃカッコよくて
仕事がはかどったのは間違いないですね!

 

グアナファト

この町を散策してたら偶然見つけたカフェ。

シャレた内装の他にも
コーヒー豆を注文後に挽いてくれるので
フレッシュでめちゃくちゃ美味しい。

それでいて、フレンチプレスだったので
2杯くらいの量で200円と激安!

 

毎日、晩飯はタコス!というか昼飯も毎日タコス!笑

 

日本人の方がホストをつとめる宿にステイ!

 

カラフルな景色を眺めながら仕事は最高!

 

 

イギリス

 

 

スウェーデン

ストックホルムに1ヶ月。

いかにも北欧というイメージで
落ち着いてる感じが伝わってきました。

 

オシャレな図書館で考え事をしながらメモメモ!

 

アートな地下鉄めぐりをしがてら
駅の椅子に座って仕事を。

アートを眺めながらクリエイティブ脳を刺激!

 

ステイ先の窓からのヨーロッパぽい景色は最高でした。

 

シグトゥーナとう小さな町へ

朽ちた教会がなんとも言えない小さな町。

湖畔で仕事したけど、景色と同じで
心まで開放的になれました。

 

一杯150円くらいのエスプレッソカフェを発見!

 

ストックホルム空港のラウンジにて

 

 

スペイン

バルセロナでの1ヶ月。

一週間くらいずっと歩き回って発見した
この絶景が見える丘にひたすら通いました!

パソコンワーク、読書、昼寝、昼食...

バルセロナは海、山などの自然と街のバランスが絶妙で
素敵な街だなと感じましたね。

 

 

オランダ

アムステルダムとロッテルダムにステイしました。

学生寮に併設されたホテルに宿泊したんですが
さすが、勉強がはかどりそうな机があり
お陰様で集中して仕事することができました!

 

さすがヨーロッパ!図書館もシャレてます!

 

ウィード?ハシシ?

自分で巻いたマリファナとレッドブルで覚醒!?笑

 

水の都と言われてるアムステルダム!

本当、水面が近くてなんか癒やされる♪

 

 

 

オーストリア

ロシアに引っ越してきてから
ウィーンへは何回か行きました。

英誌エコノミストが毎年発表している
「世界で最も住みやすい都市ランキング」で
最近、第一位にに輝いたらしい。

首都なのに人口密度が多くなくて
自然や畑も多かったです。

こぢんまりしていていろいろな観光地への
アクセスがとても良かったです。

あと、すごく安全な雰囲気を感じました。

地味なところがなんか良い。笑

ヨーロッパへの移住を計画中だけど
ウィーンはかなり良さそう!

 

 

 

アジア各国

正直、ぼくはあまりアジアはすきじゃないので
欧米ばかり行くのですがたまに
アジア各国へも行きます。

 

中国・深セン

なんだかんだで中国へは年5回くらい行きました。

 

北京

 

上海

 

香港

 

 

インド

インドはデリー、ムンバイ、アムリトサルなど
主にドバイへのトランジットのついでに観光って感じで
5回くらい行きました。

が、もう行きたくないです。笑

 

 

インドネシア・バリ島

 

 

シンガポール

 

 

マレーシア

 

フィリピン

 

ベトナム

この旅でロシア人女性、今の奥さんと出会いました。

 

あと他に、一応タイ、韓国、台湾、モロッコ、オマーンなども
行きましたが今回は省略します。笑

 

おまけ・日本

日比谷公園にある図書館。

 

品川にあるブルーボトルコーヒー。

 

成田空港の展望台。

 

日本の南アルプスがきれい!

 

鹿児島県知覧の近へ行く途中
バスの待ち時間中にパソコンをカタカタと。

バスは1時間に1本っぽい。

 

成田空港ANAスイートラウンジ。

 

浅間山をのぞみながら昼寝...

 

長野県にある蓼科山、標高役2500mの山頂にて。

絶景のついでに温泉を満喫。

 

横浜散歩。

 

長野県にある福島てっぺん公園にて。

 

銀座近くのカフェ。

 

深夜2時に六本木のスタバにて。

 

東京に住んでた頃の自宅兼、仕事部屋。

 

皇居の芝生にて。

 

あべのハルカスのホテルにて。

 

 

ノマドワークは魅力的な方法か?

ここ1年半くらい僕はどこでも仕事ができる
ノマドワークというスタイルを意識して
日々の生活を送ってきました。

その結果、偶然の出会いからロシアに引っ越し
海外に住むことになったので
やってみてよかったなと思えるのですが、

正直、

いきなりノマドワーカーとして活動したところで
集中して仕事するのはけっこう難しいと思います。

前回のこの記事にデメリットはまとめましたが
やはり、

1年間くらいは余計な疲労やストレスがかからない
集中できる環境で自分のビジネス構築に専念する。

それで、

月に10万円なり
できたら20万円くらいの収益を
安定的にあげられるレベルまで結果を出してから
ワークスタイルを考えたほうが
いいだろうなと感じましたね。

これがノマドワークしまくって出た
僕なりの結論です。

もちろん、

人それぞれ考え方や性格が違うとは思いますが
うまく行っている起業家の方や
コンサルしてるクライアントさんたちを見ても
最初の1年間は余計な疲労がない環境で
集中してやってる人ばかりだなと思います。

何でもコツコツ地道にってことですかね。

ということで、

今日の記事がこれから
ノマドワークに挑戦したいという人にとって
少しでも参考になればうれしく思います。

では♪

 

 

【特集】飛行機、マイル系記事




-マジで魅力的な「起業後」の人生を暴露!
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.