オーストリア・ウィーンでの1週間の過ごし方

投稿日:2019/04/17 更新日:

森です。

今回はオーストリアのウィーンで過ごした
1週間の様子をお届けします。

季節は4月中旬だったのですが
気温0℃で雪が降る極寒のモスクワから
ヴィーンに来たので、

ここはまるで天国のようでした。笑

あと、

久々にロシアを出て先進国にきたということも
安心感というかすごくホッとできて
すごく落ち着くなと感じました。

 

 

 

ヨーロッパはおしゃなカフェがたくさん!

ちょっとヨーロッパぽく、

イギリス出身でノルウェーで活躍する
アラン・ウォーカーの曲を聞きながら
ひたすらカフェで仕事、仕事、仕事!笑

あと、僕は歴史がありそうなカフェよりも
モダンで近代的で生活感が無い建物の方が好きなので
そういう場所しか行かないです。

 

行きつけカフェ①「George Deli & Café」

建物がめちゃモダン、近代的でカッコいい!

自由に座れる椅子などのフリースペースが沢山♪

けっこう英語で会話してる人をみかけたんですが
アイテムを何個発注するよとか、請求書くれとか
ビジネスの商談をしてる人を結構見かけました。

 

 

 

行きつけカフェ②ウィーン経済大学の学食「Mensa WU」

この大学のデザインもかっこよすぎです!

しかもまわりは自然に囲まれて落ち着くし。

ちなみに、食道ではコーヒーコーナーで注文して
クレカ、現金で先にお金を払うことで
ランチメニューを注文することができます。

 

 

 

ドナウ川の近くに位置するドナウタワーにて

展望台の上には回るカフェ&レストランがあります。

展望台へ昇るのは2000円近くかかるので
普通に高いですが、ワインは3ユーロ以下と激安。

たまにはアリかなと思います。

 

ヨーロッパっぽい、テラス席にて

これもたまには良いかなと。

って、ヨーロッパなので昼間っからワインです。

 

どこかの宮殿の前の芝生でたまに昼寝しながら

芝生の上での動画を撮りました。

 

 

 

ステイしたホテルはキッチン付き。

SMARTments business WIEN HAUPTBAHNHOF - Serviced Apartments

弟と一緒に泊まったのですが
ほぼ毎日自炊してました。

ヨーロッパ全般に言えますが
高いのにまずい飯とか食べたくない。笑

ちなみに弟いわく、

ロシア、チェコの方が飯が美味しかったと
言ってたのですが、これは僕もめちゃ同感!

宿泊料は2人で一泊1万円とコスパ最高!

 

 

 

 

日々、基本は自炊

毎日の夕食はソーセージ+オーストリアビールで乾杯!

安上がりで健康的な食生活を送ることができました。

マーケットの肉屋

買った野菜とか果物ソーセージ

野菜をたっぷりチャージ

イチゴ1パック1ユーロと激安!

 

 

たまには庶民エリアで立呑&ケバブ

こういうスタイルもローカル感を味わえて
なかなか楽しいなと思いました。

また、夜中の12時ころに行ったのですが
女性が独り歩きしているなど
ウィーンはすごく治安が良いなと感じました。

 

 

 

一応、観光もしました

シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂

ドナウ運河沿いにあるバーたち

ナッシュマーケット

 

 

街の移動は電動スクーター

LIME、TIERなど。

ヨーロッパ各地の都市部にある
電動スクーターのシェアサービス。

スマホのアプリを使って
クレジットカードを登録しておけば
10秒くらいで借りることができます。

あと範囲内であれば、どこでも乗り捨てOK!

さらに交通マナーに関しては、

歩道走ったり、逆走しる人がけっこういて
オーストリアは日本同様にゆるいっぽいです。

ちなみに料金は、

1回1ユーロ+1分0.15ユーロ。

1時間乗ると10ユーロくらいかかるので
それなりにお金がかかります。

ですが、めちゃ楽しいので
僕も乗り回してました!

 

 

その他

今回、初オーストリアだったんですが、

どのレストランへ行ってもアジア人に対しては
サービスあまり良くないのにチップを
たくさん払うと急に態度が変わるとか...

ドイツ語なまりの英語が聞きずらいし...
(ただの愚痴。笑)

って、中国人観光客がめちゃ多かったのですが
彼らのマナーが悪いということの
とばっちりと言えるかもしれませんが。笑

ちなみにロシアでは客が白人だろうがアジア人だろうが
態度が悪い人は悪いし、良い人は良いんですよね。

ロシアは中央アジア系の人がたくさん住んでいるからかな。

ただ、黒人に対してはそうでも無いみたいですが...

とはいえ、

ロシアのいい部分を感じることができた
ウィーンステイと成りました。

あと美男美女率は圧倒的にロシアの方が高い!

いろいろな意味でロシアが恋しいです。笑

では♪

 










 







メールアドレス*




-マジで魅力的な「起業後」の人生を暴露!
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.