その他

無性にフライドポテトが食べたくなりマクドナルドへ

投稿日:2018/03/23 更新日:

たまたまYoutubeを見ていたら、元スマップ
草なぎ剛のYoutubeチャンネルに
『マックフライポテト』を、美味しそうに
食べる動画がアップされていた。

その動画を見ていると、無性にマクドナルドのポテトが
食べたくなり、近くのマクドナルドへ向かう。

ちなみに、今はロンドンにいて、ここは食事が
高い割に美味しくないと言う事もマクドナルドへ
行こうと思った大きな理由だ。

そして、リバプールストリートという
地下鉄駅近くにあるマクドナルドに入り
フェリオフィッシュバーガーセットを注文した。

味は日本と全く同じだったのだが
約2年ぶりに食べてみて

「すごく美味しいけど、やっぱり体に悪いだろうな…」

改めてそう感じた。

僕は普段、一日一食だったり、
酵素ジュースを毎日飲んだり、
野菜中心の食生活だったり。

と結構、健康に気を使っている方で、
特に脂っこいものなど、体に悪いものを食べると、
すぐに顔や肌にニキビやでき物ができる。

案の定、今回も食べ終えて一時間も経たないうちに
顔にブツブツが出始めてきた。

こんな具合で、体に悪いことを身を持って
体験した訳だが、世界中の有名な人々には
マクドナルド中毒の人たちが結構いるようだ。

 

 

お金が有る無いに関わらず、マクドナルドへ行く

例えば、アメリカのドナルド・トランプ大統領も
その一人で、米国のメディアで
『大統領の健康は大丈夫なのか?』という、
特集が組まれる程、マクドナルドが好きらしい。

また、クリントン元大統領も

「ジョギングをしてくるよ。」

と、奥さんのヒラリーに嘘をついてまで、
マクドナルドへ行ったという逸話がある程の
マクドナルド好きな様だ。

さらに、マイクロソフトのビル・ゲイツに至っては
「マクドナルドを買収したい。」と語っていたらしい。

その他にも、投資家のウォーレン・バフェット
オリンピック金メダリストのウサイン・ボルト
ゴルフ選手のタイガー・ウッズなど
資産家や有名なスポーツ選手まで幅広い。

みんな、お金は持っているので、健康的な
食生活をすることは十分可能だろし
体に悪い事は重々承知だと思う。

 

 

ストレスが溜まらない程度にガス抜きを

上で挙げた有名人の様に、ほぼ毎日
マクドナルドを食べていて、不健康そうでも
活躍している人は沢山いる反面
健康オタクで、体に良い物しか
食べなくても不幸な人もいると思う。

と、実際に昔の僕もその部類だった。

健康に気を使いすぎて、ストレスが
溜まり、仕事などの肝心な事が
上手くいかなくなる。

といった感じで...

最近でこそ、そういう事も減ってきたものの
やはり、子供の頃から慣れ親しんできた
味覚だけは、変えられ無いなと感じる。

その為、最近は、たまにコーラやお菓子などの
ジャンクフードを食べたり、ファーストフード店
へ行ったりする様になった。

もちろん、体には決して良くないので
食べないのが一番良いのは間違いないのだが...

「何事も、ストレスが溜まらない程度にガス抜きが必要だな。」

と、そんな事を考えながら、マクドナルドを後にし
リバプールステーションへと向かった。

 

おすすめ記事

ニューヨークで1ヶ月間「ひたすらカフェでパソコンをカタカタと...」

バルセロナで1ヶ月「穴場・絶景の丘の上で毎日、読書、昼寝、仕事」

メキシコシティで1ヶ月「毎日タコス & 世界一の図書館で仕事」

スウェーデンでの1ヶ月「カフェで仕事&北欧らしい大自然を満喫」

オランダ・アムステルダムでの1ヶ月「仕事の合間に、ハッパで気分転換」

ドバイで1ヶ月「ひたすらPCワーク&たまに砂漠へ」

-その他

Copyright© SHO51.jp , 2018 All Rights Reserved.