600万円のランクル買わずに、600万円のマンション買った結果…

投稿日:2022/02/16 更新日:

こんにちは、森翔吾です。

前回、投資&資産ポートフォリオを
公開したのですが

→前回の記事

早速、

「自分も投資してますよ!」

「最近、不動産投資をはじめたんですが
最初はやっぱり大変なことが多いですよね」

「私は米国株中心に運用してます」



など色々とメッセージ、反響がありました。

そのため今回も
投資ネタについて書こうと思います。

 

 

 

ランクルを買わずに120万円の最低レベルの車を購入

子供が生まれてから少したった頃
約2年前にロシアで初めて
車を購入しました。

その時、候補にあがっていたのは、

・トヨタ ランクル・プラド
・トヨタ RAV4
・マツダ CX-5
・三菱 アウトランダー
・日産 エクストレイル
・フォルクスワーゲン ティグアン

日本円に換算すると、

ランクル・プラド:約600万円で
他の5車種は約350万円
くらいでした。

ちなみに、

皆さんご存知かと思いますが
ロシアは交通事故が多いです。

安全性を考慮して、

「ランクル・プラドを買おう!」

と思っていたのですが…

結局買ったのは、

・ルノー サンデロ

ヨーロッパだと「ダチア」ブランドで
販売されていて日本では未発売です。

ダチアはルーマニアの自動車メーカーです。

安い理由は、

・後部座席の窓の開閉は手動
・もちろん自動ブレーキは無いし
・しかもオートマじゃなくてMT…

この仕様は日本メーカーでは
もう販売していないかと思います。

ちなみに値段は120万円でした。

この車にした理由は、

・そもそもあまり車を使わないし、遠出しない
・差額500万円を貯金しておく

主にこの2つでした。

実際に、僕らの車の使用頻度は
週1回程度で、

ロシア南部、クリミアまで
往復5000kmを走った以外は
ほぼ旅行してません。

あとは家から約200km離れた
カザンとキーロフの家を
行き来するのに使ったくらいです。

1ヶ月ちかく全く使わないことも
ありました。

もちろん、

安全性に関しては懸念が残ってますが
買った車もなんだかんだ言って
最新モデルの車なので、

10年前の車と比較したら
安全なのは間違いありません。

ということで結果的に僕らには
この120万円の車で十分だったと言えます。

 

 

 

 

浮いたお金でマンション買ったら→1.5倍になった

120万円の車を買った半年後に
たまたま良さそうな不動産が見つかったので
購入しました。

もちろん、

元手はランクルを買わずに浮いた
約500万円を使いました。

ちなみに、

そもそもロシアは日本に比べて
給料水準、物価が安いです。

なので、必然的に不動産も
安く買うことができます。

エリアにもよりますが
ロシア・カザンの場合だと、

・新築30㎡なら約500万円〜

これくらいの相場でした。

またランク、立地によっても
変わってくるのですが、

僕らが買ったマンションは、

・新築38㎡で約600万円

でした。

前回の記事で紹介した
2個目のマンションです。

→前回の記事

 

内装費用含めて約700万円
ほどかかったのですが、

約1年半後の
このマンションの価格はと言うと、

・1100万円

なんと1,5倍になりました。

もちろん、

・たまたま運良く値上がり
・現時点での価格
・円換算レートが絡んでる

のですが、

不動産投資として上手くいったのは
間違いありません。

ちなみに1ヶ月の家賃収入は
4.5万円なのですが年間だと、

家賃収入:54万円

固定資産税、保険、修繕積立:5万円

実質利回りを計算すると、

49万 ÷ 700万 = 7%

不動産価格が上昇したからですが
普通の新築マンションではありえない
利回りになってます。

 

 

 

浪費するなら投資しろ!(過去の自分に向けて…)

僕自身は今までは、

「自己投資!」

と称していろいろと
お金を使ってきました。

日本に住んでいた時は、

・毎日のようにアマゾンで無駄に物を買いまくったり

・半年に1回パソコンを買い替えたり

・東京の都心で車を持ったり
(駐車場代金5万円/月)

今思うと、

あまり意味の無いことに
お金を使っていたと
痛感するのですが、

この悪い浪費癖は
結婚してから一気に変わりました。

というのも、

奥さんは僕とは全く逆の性格で
1円たりとも無駄にしません。

野菜くずに関しても、

「肥料にするから捨てないで!」

と、使えるものは全て
捨てずに活用します。

本人曰く、

ソ連崩壊を経験し
パンさえも買えない
超貧乏だった過去。

を経験したからみたいなのですが、

そんな人なので、

結婚したら僕も
合せざる負えなくなり、

お金の使い方をキッチリ
考えざる負えなくなりました。

子供が生まれたことも
大きかったのですが、

最近はめっきり
無駄遣いは無くなりました。

冒頭のランクルの話に戻りますが、

もし僕が昔のままだったら、

「ランクル買う!」

と言って、

日本から600万円を送金して
無理やり押し切って
ランクルを買っていた
かもしれません。

ですが、

仮にあの時に
ランクルを買っていたら
資産価値は今頃、

・500万円

くらいになっていたと思います。

※ロシアは日本よりも
車が値下がりしにくい

一つの選択、決断によって
同じ600万円が、

ー100万円

になるのか、

+450万円

になるのか

また資産≒ほぼ現金だと考えると、

車を買ったら:0円

マンション:1050万円

手元に現金があることと
同じと考えることができます。

しかも、

マンション投資は貸し出すことで
収入を生み出します。

あくまで結果論ですが
本当あの時、

奥さんに合わせて
我慢して良かったなと
実感しています。

 

 

 

我慢して資産を作ってから→欲しい物を買う

言っときますけど
今回の記事では別に、

「ランクルとか欲しい物を買うのが悪い」

と言いたい訳じゃないです。

言いたいことは、

少し我慢して、

・先に貯金したり
・先に投資してお金を増やしたり…

そして、

後から欲しい物を買ったほうが
人生が豊かになるよね!

ということです。

お金に追われる心配が無くなると
精神的にすごく楽になり、

自分自信に対してもそうですが
奥さん、子供、親に対しても
優しく接することができる。

他にも、

無理して働かなくてよくなるので
必然的に子供と接する時間も
増えます。

これは間違いないと感じます。

話はそれますが
約15年前、

サラリーマン時代に
上司が言っていたことを
思い出しました。

当時僕は25歳で
上司は40歳くらいだったのですが、

「都内に1ルーム(約1000万円)の
マンションで良いので
それを買うまでは、

ボロアパートに住んで
毎日もやし生活をしてもいいと思う。

資産を作ると生活が楽になるよ!

君はまだ若いから
今はわからないかもしれないけど
10年後くらいに分かると思うよ」

こんな感じでした。

その上司が今どうなったかは
よく分かりませんが…

今になってこの言葉を
実感できているのですが、

本当、

先に我慢できるか

で人生の豊かさは
大きく変わると思います。

当たり前すぎる話かもしれませんが…

少なからず、僕は身を持って
実感することができました。

起業とかビジネスも同じかと思いますが
こんな感じの成功体験によって、

どんどんハマっていくことが
できるんだと思います。

ビジネスだったら
仕事が面白くなり
売上を伸ばしやすくなる。

今回、僕の場合は

・投資にハマる

ってことです。

それで、さらに無駄遣いが減り
どんどん資産が増えていく…

かは分かりませんが
楽しく投資を学べるのは
良いことだと思います。

 

 

 

でもなかなか人間の性格は変わらない…

ちょうど昨日のことなのですが
奥さんと車の事を話していて
僕が、

「2人目の子供ができるし
今年中に車買い替えない?

安全性重視で日本車にしよう!

OKなら即、日本から送金するよ!」

って言ったんですが、

「子供が生まれてもどうせ年内は
ほとんど出かけないでしょ?」

と即刻で却下されました。(笑)

僕も衝動的に思いついたのですが
その会話を思い返して
客観的に考えてみると、

「やっぱり自分は自分で
簡単には変われないな…」

ということを実感しました。

僕の場合は完全に
奥さんの存在で、

浪費、無駄遣いが減り
=投資に回せて資産が増える
=お金の心配不要になり
=人生がより豊かになる

こなん感じだと思います。

これからも引き続き
気を引き締めて生きなきゃ…

それにしても、

環境の力は偉大なり。(笑)

本当そう思います。

今日はここまで!

それではまた。

-- 万人受けしない「考え方・マインド」, −投資

Copyright© , 2022 All Rights Reserved.