【JAL422便】モスクワ~成田、ビジネスクラスの搭乗記

投稿日:2019/10/20 更新日:

こんにちは、森です。

輸入ビジネスなどの物販をやっている人の特権と言えば、

「1位:クレカ仕入れてマイルがかなり貯まるので、飛行機に乗りまくれる!」

間違いなくコレかと思います。

他の実践者の方はもちろん、僕もこのメリットのお陰で、ビジネスクラスにかれこれ50回くらい乗ってきました。

普通に40~50万円くらい払って、ビジネスクラスにのることは、まず無いと思うだけに、本当このメリットの有り難みを噛み締めています。

ということで、今日は前回の続きで、実際の搭乗記を、写真メインでお届けしようと思います。

ちなみに、ANAのビジネスクラスには散々乗ってきましたが、JALは初です!

 

 

ドモジェドヴォ空港(DME)から紹介!

空港はこんな感じです。

写真、見にくいかもしれませんが、キレイでカッコいい空港でした。

ちなみに、今回は「地下鉄&ローカルバス」で空港まで来ました。

 

今回は、自家製の「チェリー酒&リンゴ酢」を持って帰るので、この小さな荷物だけ預けます。

 

 

 

さあ、ドモジェドヴォ空港の「Airport Business Lounge」に潜入!

写真を取り忘れましたが...このドモジェドヴォ空港(DME)は、保安検査場、イミグレーションで、ビジネスクラスの優先ゲートがありました。

僕が通ったときはガラガラで、あっと言う間に通過することができました!

そして、すぐにJALのラウンジへ向かいます。

 

雰囲気は普通な感じで、中はあまり広くはありませんでした。

半数以上が日本人でしたが、日本人に久々に会いました。

また、紅茶のパックを大量にパクっている日本人のオバチャンを目撃!

10回くらい往復してたので、恐らく100パックくらい持っていってたみたいでした。笑

ロシア人スタッフの方たちは、完全に迷惑そうにしてましたね...

ちょっと余談ですが、モスクワの別の空港の、下記のラウンジは、かなりレベルが高かったです。

 

食事メニューは、決して悪くは無いけど、至って普通な感じでした。

 

エスプレッソと炭酸水で〆ます!

 

飛行機に向かうときに発見した「プーチンマトリョーシカ」!

コレ欲しい!笑

 

 

 

さあ、機内へ!

JALのビジネスクラスは初めて乗りましたが、正直、「ANAより全然良いじゃん!」と思いましたね。

今回は満席のため、通路側しか取れませんでしたが、窓画は完全に個室です。

一応、最近はANA・ロンドン~羽田路線でスタートした「THE ROOM」という個室風のシートもあるので、もしかしたらそっちの方がいいかもしれません。

そういえば、ANAに搭乗したときは、ほとんど写真を撮っていないことに気が付きました。笑

 

アメニティーは「BEAMS」のポーチでした!

中身は普通。

 

 

 

 

普通に食事はおいしい!

料理は普通に美味しかったです!

って、ANAの時は毎回、糖尿病食、フルーツ食などを注文してたので、比較出来ない...笑

普段、お酒はほとんど飲みませんが、この日はワインを3杯も一気に飲んだので、めちゃ酔いました...

でも、すごくいい感じになって、気持ちよかったです。笑

 

ステーキはいい感じにミディアムレアでした!

 

味噌汁を付けてくれました。

 

とにかく、ワインを飲みます。

 

最後は緑茶で〆ます。

久々に飲むとめちゃ美味しく感じました。

 

 

 

やっぱり、ビジネスクラスは楽だな!

普段僕は、何もないロシアの田舎町で、生活費5万円とかで暮らしています。

めちゃくちゃ地味に暮らしているだけに、こういうたまの贅沢は、すごく楽しいなと感じられます。

本当、輸入ビジネス様様ですね!笑

ちなみに、どれくらいの規模でビジネスをしたら(クレジットカードを使ったら)、ビジネスクラスに乗れるか、といことを結構質問をいただくので、下記のページにまとめました。

 

また、今回の日本帰国は約1ヶ月なんですが、帰りはデルタのマイルを使って、エールフランスのビジネスでパリ経由、サンクトペテルブルクでロシアに帰ります。

その時もまたレビューしますので、お楽しみに!

では!






-【旅行】, 【飛行機、マイル、ビジネスクラス系ネタ】, マジで魅力的な「起業後」の人生を暴露!

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.