▶「輸入転売」の実績、攻略

「eBay Bucks」を使い続けて3年以上経過! (輸入転売ネタ)

投稿日:2018/08/03 更新日:

森です。

コンサル中のクライアントさんから
「eBay Bucks」に登録できない
という連絡をもらいました。

早速お教えいただいたebayポイントバックの
登録をしてみたのですが、eBay Bucksは
下記のように居住が日本ではダメみたいです。

Sorry, You can't enroll in eBay Bucks.
eBay Bucks is currently only available in the US and Canada.
Please see the Terms and Conditionsfor more information.

森さんはどのように登録されました?

こんな感じらしいのですが
僕は3年くらい前に登録して
すっかり覚えていなかったので
色々と思い返したり、グーグルで調べてみました。

 

 

アメリカの住所が必要!

僕のアカウントを見返したら、

「Registration Information」(メインの登録住所)は
アメリカのオレゴン州にある転送会社の住所

になっていました。

ちなみに、

あなたのメインの登録住所がドコなのかは
このリンクから確認できます。

(※もしくは、右上の「My eBay」→上部「Account」→左の「Addresses」
→メニュー1番上の「Registration address」の右にある「Change」を
クリックしてもOK!)

どうやら、ここの国が
「日本」になっていると「eBay bucks」に
登録できないようです。

 

 

アカウント削除のリスクがあるらしいけど...

eBay Bucksの対象ユーザーは

・18歳以上のアメリカ国民

と決まっているらしいです。

なので、

本当は日本に住んでいるのに
上で書いた「メインの住所」が
アメリカになっている場合、

不正使用とみなされて、アカウント削除
または停止されてしまう可能性があるようです。

ググった限り、何人かの人が実際に
アカウント停止、削除されたみたいなんですが
その辺は運なのかもしれません。

ただ、

どの情報源も2012~2016年頃の話で
最近はそういう情報は全く見つかりませんでした。

ちなみに、

僕は2015年にeBay Bucksに登録したのですが
未だに何もトラブルはありません。

(※Paypalの登録住所は普通に日本です。)

2つアカウントを持っていますが
両方共、無事です。

さらに、僕の回りの輸入実践者に聞いても
eBayアカウント停止、削除された人は一人もいません。

正直思ったのは、

・悪い情報は広まりやすい
・使わない人が増えればライバルが減る

など情報発信者側のメリットも含め
こんな可能性があるのかなと感じました。

というのも、

eBay Bucksの最大のメリットはというと...

 

 

「eBay Bucks」を使うと、10倍ポイントの時も!

輸入転売を実践している人のほとんどは
「アメリカAmazon」のみから
商品を仕入れています。

なので、eBayを使った仕入れを実践している人は
実はかなり少ないです。

そうなると必然的に、情報発信する人も減り
eBay仕入れの攻略法の情報も少なくなります。

一般的に、

「eBay Bucks」を使うメリットは
購入金額1%がキャッシュバックされる。

(※3ヶ月分をまとめて、翌月にキャッシュバック)

ということかと思いますが、実は
それ以上に大きなメリットがあります。

それは、

年に数回「ポイント10倍」などのイベントを
行うことがあるということです。

無条件で、ほぼ全品10倍になります。

さらに「eBay Bucks」の凄いところは
3ヶ月の最大キャッシュバック金額が500ドル
ということです。

ポイント10倍期間中に商品を買ったとして
単純に計算すると、

5000ドル(約50万円)もの商品を
ポイント10%で買えてしまうんですね!

合わせて、僕が推奨している
「たった1文の交渉術」のメッセージを
セラーさんに送り、まとめ買いすることで
さらに1割引きになることもザラにありました。

こんな感じで、合計20%引きくらいで買えたら
どう考えてもライバル達は付いてこれません。

実際に、

100個単位のロット仕入れではない
1~10個の商品を普通にeBayで買う
「単純な輸入転売」で仕入れたアイテムなのに、

明らかにライバルが最安値競争に付いてこれず
僕だけ「独占販売状態」ということも
しばしばありました。

もし、

「月5万円の利益が出せれば良い!」というのであれば
このタイミング&方法を実践するだけで
ライバルとの価格競争になり「利益0になってしまう」
というリスクを大幅に減らすことができます。

 

 

えっと、裏事情を話すと...

個人的にeBayアカウントが消される心配は
無いんじゃないかなと思って
普通にeBay Bucksを使い続けています。

実際に3年間以上、何もありませんでしたし。

あと、

僕はeBayのアカウントを2つ持っているのですが
同時にPaypalのアカウントも2つ持っています。

一つは、日本の住所なのですが
もう一つは実はアメリカのPaypal
アカウントを持っています。

コレは、

別にアメリカに行ったりしなくても
日本に居ても全く問題なく作れて、

簡潔に言うと、アメリカ版のカードを
作って...ゴニョゴニョ...

という方法です。

ちなみに、

このアメリカ版アカウントを使うと
eBayの全てのショップから商品を買うことが
できるようになるというメリットがあります。

僕は一応、そういう「保険」的な
2つ目のアカウントがあるので
仮に日本版のアカウントが停止、削除されても、

「別にいいや~」

と、あまり怖がっていないという裏事情があるんですね。

(他にも、たくさんリスク回避、攻略法などのコツがあるんですが
こんな感じの事をコンサル中のクライアントさんには
伝えています!)

なので、

結論としては、本当にアカウント削除が
心配だったら「eBay Bucks」を使うのは
辞めたほうが良いと言えます。

ただ、

僕はアカウント1個の頃から
「eBay Bucks」をバリバリ使ってましたが。笑

また、

もしアカウントを消されたとしても
そこで諦めなければ、また別の視点が見えたり、

うまく乗り越えることができれば
同じ経験をした人に、教えてあげたり
そのための対応策などを示してあげることができる
と思うので、それはそれでアリかなとも思います。

えっと、何事も経験ということで!
(結論、無責任すぎ...笑)

では♪












メールアドレス*





-▶「輸入転売」の実績、攻略

Copyright© SHO51.jp , 2018 All Rights Reserved.