起業ストーリー

起業ストーリー ④ 洗礼をうけ、ひきこもり...も、なんとか復活!

投稿日:2018/04/17 更新日:

3ヶ月で月商200万円くらいいって
順調なように見えた僕の起業生活でしたが
ある日、気がついたことがあります。

それは、

「金銭的に、全然ラクにならないぞ...」

ということでした。

何故かと言うと、

がむしゃらに、たくさんの商品を仕入れていたせいで
クレジットカードの返済に追われていたからです。

「せどり」は資金回収のサイクルが早い
ビジネスモデルではあるんですが、

さすがに、全部の商品がすぐに売れて
速攻資金回収できるほど
ビジネスは甘くありませんせんでした。

なので、必然的に、

ライバル・競合相手が続出したり
そもそも予想を外してしまったり、

こんな具合で、売れない商品は「不良在庫」になり
資金繰りが悪くなるんですね。

(※結局、手元のお金が増えたなと感じ始めたのは
スタート半年後くらいからでした。)

しかも、

最初の必死な勢いもスタートから3ヶ月後
くらいには薄れていき、

ライバル続出などでプレッシャーも増え
だんだんと自信がなくなり
不安な感情を抱くことが多くなりました。

「このままで本当に大丈夫なのかな?」

と。

同時に、

あまり休み無く働いた無理がたたったのか
スタートから3ヶ月すぎたあたりに
体調を崩してしまいました。

肉体的、精神的にも...

 

それでもなんとか頑張って
せどりを続けていんですが
正直に言うと、

メンタルがあまり強くなくて、人目を気にする僕には
かなりキツかったです。

また、実店舗のせどりって、人によっては
店員さんから注意を受けたり、最悪の場合は
店側から出禁をくらったりする人もいたくらいです。

僕は、かなり店員の目を気にしていたため
上で上げた様な経験は一度も無いのんですが
その分かなり神経がすり減ったのは
間違いなかったと思います。

 

 

店舗せどりをはじめて3ヶ月くらい経った頃から
肉体的な疲れや、ライバル過多の価格競争などで
徐々にやる気、モチベーションが下がり始めました。

そんな低空飛行だったある日、事件は起こります。

家電量販店を回りまくって、頑張って仕入れた
ジューサー、20台が一気に売れたので、

「やったー!」

と喜んでいたら

・・・

2週間後くらいに、

「お届け先不明」

で全部、返送されてきました!

って、まさかでした。

届け先が北海道のホテルだったので
20台でも十分にありえる話だなと
思ったんですが...

ちなみに、

商品は1個2万円くらいだったので
40万円と額はけっこうデカイです。

最終亭に、商品自体は何も問題なかったので
すぐに再販可能だったのですが、

ライバルが沢山出現しており
利益がかなり吹っ飛びました。

ホント最悪...

 

この事件から一気にやる気を失い
全く仕入れをする気力が
沸かかなくなってしまいました。

そして、1ヶ月以上の引きこもり生活が
スタートします。

実家というのが大きいのですが
全く仕入れに行かず、

ネットでの商品リサーチをすることも無く
ひたすら部屋で過ごす毎日。

この頃は、まだNetflixは日本には無かったのですが
Youtubeとか、海外ドラマなどをひたすら見たり。

とにかく、無気力状態で
ひたすら時間だけが過ぎていきました。

とはいえ、

ある意味で、こういう嫌なことは
自分でビジネスをする上で
洗礼のように必ず通るべき道かもしれません。

「また、コンナことが起こったらどうしよう...」

と不安な気持ちでいっぱいでしたし
もし、サラリーマンの時に副業として
「せどり」に取り組んでいたなら
間違いなく、ここで辞めていたと思います。

ただ、

僕は自営業なので、辞めるという選択肢は
全くありませんした。

こんな感じで、軽いひきこもり生活を
送っていたんですが、

徐々にキズも癒えていき、再びネットで商品を
探しはじめました。

ただ、

ネット仕入れ(電脳仕入れ)に切り替えて
最初の頃は、

・なかなかいい商品が見つからなかったり
・ライバル、競合だらけだったり

けっこう苦労したのですが
さすがに、ずっと探し続けていると
コツが分かり始めました。

コレは、実店舗仕入れでも同じことが
言えると思います。

コツコツとひたすら諦めずに
探しまくっていると、ある日突然
見つかるんですよね!

こんな感じで、次第にコツをつかんできて
良い商品が見つかりやすくなってきました。

そしてある日、

さらにデカイことを発見をします。

 

 

ある有名な家電量販店の「店舗取り置きシステム」を
利用することで、

お店へ行かなくても店舗の在庫数が分かることに
気がついたんです。

って、どんなメリットがあるのか
分かりにくいかもしれませんが、

販売終了とか、人気でネットでは売り切れの商品
=高値で売れる

ことに気がついたんですね。

いわゆる「プレ値」とも言われる商品です。

この方式で、まずその家電量販店の「在庫切れ」
商品をひたすら調べたのですが、

ネット上では売り切れになっていても
店舗は「在庫アリ」という商品が
ザクザクと商品が出てきます!

しかも、その家電店は関東圏に10店舗以上あり
各店舗5個とかありました。

さらに、凄いことに、その店舗取り置きシステムの
すごいところは、

店舗、ネット価格の安いほうが優先される

ということでした。

例えば、ネットでは1万円だけど店舗へ行くと
6千円だったりということがチョクチョクありました。

・ライバルは出てこないし
・利益率の平均は30%近くなるし
・さらにポイントUPクーポンを駆使して...

何より、店舗せどりで人目を気にしなくても良かったり
とにかくボーナスステージ状態でした。笑

一応、

最初の頃はおとなしくやっていたんですが
気がついたら、3ヶ月で1千万円以上も
買い物をしていて、

この時、最高月収700万円を叩き出しました。
(もちろん、利益は100万円以上♪)

そりゃ当たり前かもしれませんが
1個でも何か商品が見つかれば、芋づる式に
各店舗から商品を仕入れることができるので。

そんな超美味しい果実を味わっていたんですが
ずっとこんな天国モードが続くはずは無く...

 

→ 起業ストーリー ⑤ はじめての「出禁」がきっかけで、次のステップへ!

-起業ストーリー

Copyright© SHO51.jp , 2018 All Rights Reserved.