-23℃・冬のロシア生活のようす

投稿日:2019/01/30 更新日:

森です。

2019年、ロシアでの生活がスタートしました。

ロシアに到着後シベリア鉄道に乗って
カザンから3時間の場所にある田舎町へ。

 

1月中旬にここへ来たのですが初日の気温は、

ー23℃

でした。

しかも寒波の初日という...

この気温はどう考えても寒いのですが
案の定日本から持参したコート、パンツ、靴では全く刃が立たず...

なのですが、日本人らしくがんばって
やせ我慢していたんですが奥さんに、

「-20℃超えて体が冷えすぎると
後遺症が残ることもあるから
ホント無理しちゃだめだよ!」

と言われたのでさすがにヤバイかなと思って
それぞれ現地で揃えることにしました。

・コート
・ズボン
・靴
・手袋

このフルセットでなんとたった60ドルだったのですが
下手に日本で防寒具を揃えなくて良かった気がします。

きっと、日本で-30℃対応とかのコートとかを
ブランド品で揃えたら合計10万以上しそうで
高すぎるなと感じてしまいます。

(ロシアの社会主義的な思想の影響か最近
無駄なものを買わなくなりました。笑)

ちなみにコートとかはもちろん
全部中国製なので高品質では無いのですが
-20℃くらいでもほとんど寒さは感じませんでした。

 

ー20℃だろうが、毎日2時間は散歩

気温が寒かろうと毎日、朝と夜の2回は散歩します。

朝は奥さんといっしょに公園へ行ったり
景色がいい丘の上へ行ったり。

夜は23時頃に誰も歩いていない田舎町を散歩するのですが
雪の上を歩くザクザクという足音がなんともたまりません。

一人でぼーっと考えられる癒やしタイムです。

気温が低くパウダースノーなので全く滑りません。

ちなみに、この日の夜の気温はー7℃だったのですが
寒くなくて天国状態でした。

日本だったら激寒に感じるんでしょうが...

面白いもので、人間って環境によって
意外と簡単に適応できるものなんですね。

 

 

夜は奥さんとママと乾杯

奥さんのママは料理がめちゃうまいので
よくごちそうになります。

あと、よくワインとかビールを3人で一緒に飲むのですが
ニュースとかで話題のクリミア産のワインとか地ビールで乾杯。

お母さんが作った自家製りんごワイン
しかもりんごは家の庭で取れたオーガニック。

 

このクリミアのワインは甘めなのですが
しっかりとコクがめちゃくちゃ美味しいです。

もちろん、オーガニックなのですがたった8ドル!

話をきくとクリミアはめちゃくちゃいいところらしい。

 

地ビールは1リットルで1ドルくらい
軽め、ライトな感じのフレッシュなメキシコのビール・コロナ
みたいな感じです。

しかもバリエーションが豊富!

 

 

 

オーガニックが当たりまえ

日本の農薬&肥料の使用率は世界的に見て
かなり高いです。

もちろん、

日本は湿度が高く虫が多い、とか人件費が高い
なと他の国と比較はしずらいかもしれませんが、

ここロシアでは当たり前にオーガニックとか
グラスフェッド、牧草牛とかの肉が手に入ります。

モスクワとかと違って田舎町ということも
大きいみたいなんですが地元の乳製品メーカーや養鶏場は
ケミカルをほとんど使用しません。

これはさすがロシアといった感じで
農薬を売りつける多国籍っぽいアメリカ企業に対して
アンチ的な考えがあるのも間違いないと思います。

それに対して日本の現状は...

とにかく、

乳製品、肉、卵、穀物類、ナッツ類など
(冬は新鮮な野菜は少なめですが。)

牛肉    1kg ・・・ 8ドル
骨付き牛肉 1kg ・・・ 4ドル
豚肉    1kg ・・・ 4ドル
卵     10個 ・・・ 1ドル
バター  200g ・・・ 1ドル
現地のバター  300g ・・・ 2ドル
カッテージチーズ 200g ・・・ 1ドル
サワークリーム 200g ・・・ 0.5ドル
クリームの上澄み 350g ・・・ 2ドル
何かの穀物 2種類  ・・・ 2ドル
小麦    1kg ・・・ 0.5ドル

これ全部で30ドル以下です。

もちろん、肉、乳製品は全て
グラスフェッド、放牧牛、豚です!

 

乳製品のパッケージはなんともキュート。

 

市場のようす。

魚とか野菜、果物、ナッツとかは自然冷凍でカチカチ。笑

 

 

家にサウナがある!

個人的にはあまりサウナは好きじゃないので
湯船がほしい...

ですが、我慢我慢。笑

室温80℃からー20℃の外へ。

ただ立っているのは大丈夫なのですが
素っ裸で雪にダイブしたら冷たすぎて
一瞬で死にそうになりました。

マジで、

心臓が止まるかとおもいました。笑

日本の銭湯で44℃の熱い風呂から
5℃の水風呂を毎日3~4回行き来して
修行していたのですがレベルが違いましたね...

 

最後に。寒いのは大丈夫だけど...

家から外に出る時、ー20℃とか寒いのは
意外と大丈夫かなと感じたのですが、

逆にマイナスの世界から家とかスーパーに
入った時に気温差で頭がクラクラしました。

だいたい室温は25℃前後なのですが
気温差は40℃以上です。

とは言え、奥さんはじめ現地の人は
全く問題なさそうなので
慣れることを祈るしかなさそうです...

今日はこのあたりで。

では♪

 

追伸:

仕事の息抜きで窓から雪景色を眺めているのですが
たまにめちゃくちゃ美人な白人女性が横切っていきます。

って、毎日のように人間観察してると
30歳くらいを超えるとみんな太ってるな
ということが分かります。

って恐らく原因は、

・極寒なので脂肪をためやすい体質
・冬はほとんど外に出ない
・健康意識は高くなくて運動はしない
・冬は野菜がとれないので保存食である
じゃがいも、人参、小麦中心の生活
・乳製品、バターなどの摂取がかなり多い

こんな感じかなと思います。

ちなみに、

僕は奥さんは白人とタタール民族のハーフなのですが、

「私は同じ遺伝子じゃないことを願うわ!!
本当、太りたくない...」

といつも言っています。

そのため朝飯を抜くとか
それなりに気をつけているのと
肌の手入れは結構しっかりしているので
ロシアに住む同年代の友達と比較しても
明らかに若く見えます。

僕としては嬉しいのですが
本当、お互いできる限り健康的な体をベースに
若々しくいつまでも元気でいたいものです。









 







メールアドレス*




-マジで魅力的な「起業後」の人生を暴露!
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.