成田空港・ANA国内線→国際線の乗り換えは「たった5分」だった!

投稿日:

森です。

先月末に、ロシアへ引っ越すための前準備として
一時的に愛知県の実家へ戻りました。

実家に戻ったのは良いのですがすでに、

ANAの成田ー上海

のチケットを持っていたので別に
ANAのセントレア→成田を別に予約したんですね。

ただ、ちょっと不安なことがあって
このチケットだと成田空港に到着して、

国内線→国際線

に乗り換えるのに40分しかありませんでした。

(成田空港に9:50に到着して、出発は10:30)

ちなみに、

成田で国内線から国際線に乗り換えたことは
一度も無かったのですがGoogleで調べてみると
ANAの公式ページには、

成田空港:45分

最低でも乗り継ぎにこれだけの時間が必要
と書いてありました。

余談ですが、

羽田空港:70分

関空:55分

セントレア:60分

以上必要らしいです。

で、実際に成田空港で「国内線ー国際線」へ
乗り換えたのですが不安に反して、

たった5分

でOKでした。

 

時系列を書くと...

9:46 到着し扉が開く

歩いて

9:49 セキュリティチェック

9:51 国際線のロビーへ到着


↑成田空港に到着


↑通路を歩いて


↑セキュリティ&出国ゲート完了


↑国際線ロビー

またこの後、

飛行機の各ゲートへは一番遠い場所だとしても
5~6分くらいかと思います。

走ればもっと早いかもしれません。

ちなみに今回僕の場合は、

・飛行機の座席は最前列に座っていた
・セントレア→成田は人がかなり少なかった
・セキュリティゲートへはほぼ一番乗りで誰も居なかった

これらが大きいと思いますが...

Googleで他の方の体験談を見る限り
混んでいても15分くらいあれば
国際線の出国ロビーへ到着できると思います。

なので、

飛行機を降りて次の飛行機に乗るまでは
最短で20分ってところでしょうか。

ただ、ジャストに到着とかは
さすがにヤバイですし
10分前くらいには到着していたい
と思うので...

やっぱりANAが推奨している
45分くらいは時間があったほうが
いいだろうなと思います。

あと僕は今回、

・手荷物だけで預け入れ荷物が無かった

というのもあるので、預ける荷物がある人は
注意が必要かもしれません。

 

5分だけ「スイートラウンジ」へ

去年がんばって獲得した
ANAの最上級会員資格、

「ダイヤモンド」

なんですが、

先週の熊本&鹿児島へ行った時は
セントレアから国内線だったので、

ANAスイートラウンジ

という国際線だと成田、羽田、関空しかない
ファーストクラスの人が使えて
ビジネスクラスのANAラウンジよりも上のラウンジを
使うことができませんでした。

また今回は乗り継ぎ時間が
40分しかないので、

「さすがにスイートラウンジは無理かな...」

と完全に諦めモードだったのですが
成田空港での乗り換えがあまりにも早かったため
5分だけ滞在することができました。

初のスイートラウンジでしたが
本当、一瞬だけでした。笑

ちなみにパット見た感じ、

・雰囲気
・利用者
・食べ物
・お酒、飲み物

などはビジネスクラス&上級会員のラウンジとは
全然違うなと感じました。

簡単に見ると、

ビジネスラウンジは
がっつける炭水化物が多め。

なのに対して、

スイートラウンジは
チーズ、肉、野菜などの
タンパク質&脂質系のフードが多い。

こんな印象を受けました。

席もゆったりとしていて
人も同じくガッツイてご飯を食べてる人はあまりいません。

あと、窓があって明るいし。

ちょっと早めに空港へ行って
仕事するにはとても良いなって思います。


↑分かれ道...左は普通のラウンジ、右がスイートラウンジ


↑入り口を進むと係の方が案内してくれます。


↑落ち着いた雰囲気で空いていました。


↑たぶん、上質なアルコールがおいてあります。


↑炭水化物メニューが少なくて良い。


↑鴨肉、豚の生姜焼き、チーズなどで栄養補給!

 

おまけ成田→上海

成田→上海は去年2回往復しました。

ちなみにその2回とも、

席は横並びのタイプのシートだったのですが
今回はスタッガードタイプのシートでした。

やっぱり横並びと比べると全く
個室感があるのでこっちの方が
間違いなく良いと思えます。

お決まりの赤ワインを頂き...

途中で長野県の南アルプスが見えました。

そして、

お決まりの糖尿病ミールを頂き...

って、毎回同じメニューなのでちょっと飽きてきました。笑

ハーゲンダッツとかデザートはお断りして...

って赤ワインを飲みまくって顔を真赤にして
酔っ払ったわけなんですが、

よく考えたら今、今朝じゃん...

でも、

この自由な感じはロシア人たちからまなびました。

「人からどう思われようが、自分が好きなように生きる!」

3人座れる席の真ん中を分捕っているおばさんが
お願いしても席を譲ってくれなかったり、

奥さんの友達たちは
しょっちゅう逆ギレしたあげくに
会社をクビになったり、

8割の友達が世間話の最中に
「あのさ~、お金貸してくれない?」
と聞くとか...

正直、

それほどまでの本音文化のおかげだと思いますが

・・・

サラリーマン時代は人に気遣いしまくって
生きていた僕だったんですが
ここ数年でようやく「人間らしく」なったなと
感じることができましたね!

とにかく嫌な人とは1ミリも話たくないし
逆に気が合う人達とは何時間だって話したい!

って、

すいません酔っ払った勢いで
本音を書いてます。笑

話を食事のことに戻しますが、

糖質制限を初めて、脂質を取りまくってから
甘いものが全くいらなくなりました。

って、昔は超甘党でお菓子とかアイスとか
果物とか毎日バクバク食べまくっていましたが...笑

(あっつ、今も羅漢果という甘味料を使ってるのを
すっかり忘れていました。)

本当、今考えたら糖質をあれだけ食べたら
不調になるわけだな、と反省しっぱなしです。。

今回は上海日帰りだったのですが
飛行機から外を見たら、空気悪そうだったので
空港から全く出ませんでした...

そのため、前回の写真を載せておきます。


↑空気が悪そうだったので...


↑上海と言えば、やっぱり外灘(わいたん)かな!?

あと、糖質制限していて、

上海名物の焼き小龍包とか中華の麺とか食べられないし
中国は健康に関してはかなり遅れているなと感じます。

前回高級スーパーめぐりをしてみたんですが
日本のサラダ油が「健康!」とか書いて
売られていましたし、NYとかで見る食材は全く
手に入りそうにありません...

って、中国へあまり行きたくない理由としては
Googleが使えないのがダントツで一番ですが。

なので、Google依存を卒業できたら
中国巡りでもしようと思います。笑

・・・

ということで当分、中国へは
行くことはなさそうです。

では♪









 







メールアドレス*




-マジで魅力的な「起業後」の人生を暴露!

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.