日本は論外...

投稿日:2019/10/25 更新日:

こんばんは、森です。

この2週間で
東京、大阪、京都、名古屋
へ行きました。

そして街を歩きながら、

「日本の20年後」

を想像してみました。

というのも、

最近生まれた子供が
20歳になる時に、

「日本はいったいどんな風に
変化しているんだろう?」

ということがすごく
気になったからです。

最近の日本は元気が無い
と言われています。

例えば、

・給料は上がらない
・デフレ続き
・高齢者がどんどん増える
・認知症が増えている
・婚姻率も下がってる
・災害が多い

など。

実際に僕自身、東京、大阪で
通勤ラッシュ時の
地下鉄に乗りましたが、

月曜の朝とか
みんな本当、憂鬱そうな
顔をしていました。

さらに、

3連休の最終日
山手線で横に乗っていた
おばちゃんは、

「あ~明日から地獄が始まる...」

と友達に愚痴っていました。

他にも、

世界的に見た
日本の市場に目を向けると、

僕の父親は40年以上
日産系のエンジニアを
していたのですが
そんな父も、

「日本の自動車会社はどこも
アメリカ、中国、ヨーロッパ中心で
日本市場はかなり軽視されてるな。」

と残念がっていました。

言いたいことは、

他の国の人たちと比べてみると
今の日本人は全体的に
暗いなと感じるし、

ビジネスの面においても
他の国に比べて
勢いが無いよなと。

・・・

こんな現状を踏まえた上で
約20年後を想像したのですが、

高校卒業を控えた
子供に対して、

「ねえソフィア。
どこの大学行きたい?」

という質問に対して
ソフィアは、

「う~ん、アメリカの大学かな。

もしくは、

近いからイギリスとか。

スペインにも住んでみたから
そっちもアリかな~。

あとは、

おばあちゃんが通った
ロシアのサンクトペテルブルク
の大学も学費安いしいいかも!」

続いて、

「えっ、日本?
日本は論外でしょ...」

こう言われたらすごく
ショックだなと感じました。

もちろん、

論外とまでは言わなくても
自然と候補から外れることは
悲しいなと...

・・・

大阪駅の近くを歩きながら
こんなことをボーッと
考えていたのですが、

僕としてはやっぱり
その時に日本という国が
経済面で向上していることは
もちろん、

生き生きとした顔をした人が
たくさん増えていたら
良いなと思いました。

というか、

日本人ってそれくらいの
ポテンシャルを持ってるし、

・能力面
・人間性

を世界中で比較しても
明らかに日本人の方が
優れているなと感じます。

というか、トップレベルです。

だからこそ、

明るい未来を切に願うわけです。

また、そのために、

「いったい自分にできることは
何だろう?」

と自問自答したのですが
できることは、

「日々、精一杯生き
影響力を大きくする。」

これしか無いなと思いました。

具体的に言うと
今やってるブログなどで、

海外から見た日本や
逆に海外の良いところだったり
考え方、生き方を伝える
ということです。

(特にロシアには
そのヒントになる情報が
たくさん眠っていると感じます。)

これをただただ
愚直に続けるだけです。

それにしても、

・一生を共にする家族
・住みたい場所
・やりたいこと

これらが決まると余計なことを
考えなくても良いので
すごく楽です。

ここまで長々と書きましたが、

本当、自分の成長と共に
もっと有益な情報を
発信していきたいなと
思います。

今日はこのあたりで。

では。






-万人受けしない「考え方・マインド」

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.