ロシアの都市「カザン」のカフェで仕事をこなす

投稿日:

森です。

海外にいる時はよくカフェで仕事をします。

NYにいる時はニューヨーカーと一緒に。

ドバイにいる時は真っ白なアラブ服に身を包んだ
現地人と一緒に。

深夜2時の六本木ではクリエーターっぽい人たちと一緒に。

その他、ロンドン、バルセロナ、ストックホルム、香港など...

現地の人たちに紛れて(紛れられてないだろうけど...)
ひたすらパソコンをカタカタと仕事をこなすのですが、

本当、刺激をもらえてうまいこと
いい感じにモチベーションを保つことができます。

ちなみに、

いつも新しいステイ先では
とにかく歩き回って人があまりいなくて
広々としているカフェを探し回っては
ひたすらそこに通うといったことを
繰り返していました。

ただここ最近は、

ロシアでは田舎町に住んでいたので
ほとんどカフェへはいっていませんでした。

でも昨日、ロシアのカザンという
そこそこ大きな都市の家に移動したので
久々にカフェへ来ました。

「SKURATOV Coffee Roasters」

というお店なのですが
久々にまともなコーヒーを飲みました。

挽きたての豆を使ったコーヒーは
やっぱり美味しいですね!

って最近はインスタントコーヒーばかり
飲んでただけに尚そう感じました。笑

 

今日は奥さんと一緒にカフェに来て
お互いそれぞれパソコンをカタカタと
仕事をこなしたのですがたまには
こういうのも悪くないですね。

 

メニューはロシア語、キリル文字で全く読めない...
でも英語のメニューがありました!

 

ロシア人は美男美女が多いですね
カフェでもたくさん見かけましたが
本当、見てて飽きません。笑

特にここカザンはイスラム系の人が多かったり
アラブ系の国が近いのでハーフが多く
いろいろなタイプの顔の人とすれ違います。

ただ、太りやすい体質&炭水化物過多&運動不足など
あまりケアしない人が多いらしく
30歳以上で美男美女はほとんど見かけません...

 

近くのスーパーで買ったマカロンみたいな焼き菓子
3つで1ドルくらい。

砂糖たっぷりだったので僕は
一口だけにしましたが、クソ甘かった...

あと、一応奥さんに、

「カフェで食べても良いの?」

と聞いたんですが、

「ノープロブレム!」

とのこと。

普通にお菓子とか持ち込みOKなユルさが
ロシアっぽくていいなと思いましたね。

・・・

ということで、

ロシアの中都市カザンで再び、

そこそこおしゃれで落ち着いた雰囲気
&行きつけにできそうな
マイ・フェイバリットカフェ探しが
スタートしました!

では♪









 







メールアドレス*




-マジで魅力的な「起業後」の人生を暴露!
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.