万人受けしない「考え方・マインド」

与沢翼に学ぶ、1点集中=成功!

投稿日:

森です。

Youtubeを見ていて、ビジネスや勉強などの
目標を達成するために役立つ動画を見つけたので
シェアしたいと思います。

一番重要なことは
やることや目標を、

『一つに絞る』

です。

 

 

「動画の内容」の書き起こし

私はですね、

すごくよく考えて、悩んで、決断して
あるいはこれからお話しする成功法則
みたいなものを、きちんとを理解していますので
止まるということがありません。

例えば、

手につかなくなるとか
迷うとかぶれるとかね。

力強く行動できるって言うのは
やらなきゃいけないとかって思う以前に

やりたくてしょうがない

というか、

気づいたら行動している

っていうことなんですよ。

そこを理解すると
すでに頭の中でもう成功しているというか
本当に成功するかどうかが決まってしまうんですよ。

成功はすべて脳内でまず作られるっていう
ことなんですよですよね。

成功者の脳ってね私よりもっと成功している人は
トいっぱいますけど、

そういう人たちの脳開けて見てみたいなと
思ったときがあります。

だけど、

実際開けてみることができないわけですよね。

自分と比較できないわけですよ。

だから、

その差っていうのを知る機会がないなあと
思ったんです。

どれぐらい考えているのか?
どんなことを考えているのか?

ってね。

脳がもしビジュアルみたいに
テレビのように写って、

例えばあの人は、あの成功者は
こういうことを考えているっていう
志向の中身が見れたら
すごい価値が高いと思いませんか?

それが出来ないから、なんであの人は
うまくいくんだろうとか、

なぜあの人は結果が出るんだろうっていうことを
みんな思うわけですけど、

その原因がよく分からないということに
なるわけですよ。

ですけど、

実際私は思うのは、まず頭の中で成功して
ます成功してる人はたくさんのそういう
成功者にも会いましたけど、

みんな、

まず頭の中で成立&成功してるんですよね。

このことの意味がなかなか理解されないと
空回りっていう結果になりやすいですよね。

ずば抜けた成功者たちは、
このことを熟知しているわけですね。

そこでこれから、思考回路っていうもの
について述べたいと思います。

つまり勝負する前の段階で
もう勝負が続いてるっていうのが事実なんですよ。

これに関しては、意外に思うかもしれませんけど
脳内で成功していれば自然に行動できますから、

これが例えば皆さんも私のこの一連の動画見て

「なんとなくやる気ができててきたり。」

とか、

「ああ、どういうことは間違って
どういうことをしていかなきゃいけないんだな。」

とか。

そんなんだっていうのが分かってくると
やる気が自然と出てくると思うんですよ。

こういった話を聞いて
やる気が出てるって言ってくれる人多いんですけど
それは魂の中がすごくリアルになってる感じですね。

ということで、

この事が分かってくれると嬉しいんですけど...

成功は行動の前段階で決まっているってね。

良ければ覚えて欲しいなと思いますけど
これから説明するのは本当に大事なことです。

逆にこれが分からないと、ビジネスとか勉強だとか
『人生全体』で上手くいかなくなる可能性が高くなります。

 

 

①『絞って、集中』しろ!

はい。

1つ目はまず、何よりも大切なことは

『絞る』

っていう事と、それに、

『集中』

するっていうことなんですよ。

広げた時点で、全体が破滅する可能性が高くなります。

起業家の方は自分たちのフォーカスする事業分野
というひとつにした方がいいです。

たった一つの事業をやっている会社のがかっこいいんですよね。

もちろん、

年商が何百億円とかってなってきた時に次の成長戦略とかで
会社を買収するとかっていうのは分かるんですけど、

少なくとも、

年商が100億円を超えるまでは
一つのことで突き抜けた方が
間違いなく良いです。

その方が持続性もあるし
利益も出ますし成長性もあります。

『集中する。』

これはもう間違い無く言えることです。

また、例えば恋愛とかだって

「私はあの人も好きだし、この人も好き。」

じゃダメなんですよ。

「この人でなきゃダメだ!」

って言うくらい絞って集中するっていう事。

もちろん、

すごくモテる人で恋愛経験豊富だったらいいですけど
そうじゃない場合は、

誰かの心を射止めるべく『絞る』って事は
すごく大事だと思いますね。

また、

そんな恋愛の場合は『重く』なってしまったり
逆に空回りするようなことになっちゃダメですけど、

言い換えれば、盲目になっちゃいけないですけど
ただ基本的に全てね絞って集中するっていう、

それが重要です。

本当に。

何をやるにしても同じだと思います。

例えば、会社で社員さんを雇った場合
社員さんに何でもかんでもやらせると
その人のパフォーマンスが下がるのと一緒なんですよ。

皆さんも多分、

会社で自分を務めって決まってますが
全体として結果を挙げられる仕組みになってる訳です。

やることを社員さんに、

それぞれを絞らせている

わけですよ、組織はね。

これは自分の個人レベルの話でも一緒なんですけど

「あれもやる、これもやる」

っていう状態にすると
本当に全体が全部破滅するようになっていきます。

私の経験から思い返しても、これは間違いないですね。

 

 

②成功づくり=『時間づくり』

2つ目は、

可能な時に、

『時間を作り出す』

ということです。

上の1つ目にも関連してるんですけど
私の場合は、

経済的成功を追求するっていう時に
時間がないとダメなんですよね。

私が海外に引っ越してから
非常に速い速度で成長して
そして成果が出て。

結果が出ているっていうのは
ちょっと経済的なうまくいってます
日本に住んでいた時よりも。

えっと、

それは何よりも『時間があるから』です。

もちろん、

私も忙しくて時間を作れなかった時もあります。

でも、もしあなたが何かをものにしたいと
思うのであれば、可能な限り
いや断腸の思いでそこから立ち去らなくちゃ
駄目です。

多分、

『成功づくり=時間づくり』

から始めると思います。

成功を作りたいなら、まず時間を作ることから始めてください。

 

 

③人への妬み、恨み『雑念』

そして、

時間があってもこの3つ目の、

『雑念』

を持っていたらダメです。

雑念を払う事が重要です。

例えば、

『他人への干渉』

お前もこうしろとか、お前はこうした方がいいとか
親、兄弟、家族、恋人や友人とか
誰かへあなた自身が干渉することです。

『あるいは嫉妬を持つ』

あるいは、

『関心を持つ』

とか。

えっと、

中途半端の成功者じゃなくて
本当にずば抜けた成功者って
いい意味で他人に干渉が無いんですよね。

特に、

『干渉とか、嫉妬とか、怒り』

っていう無駄な関心っていうのが
微塵も無いんですよね。

そして彼らが関心を持つのは

『自分が決めたテーマ』

のことだけなんですよね。

そして、自分のことだけに
集中しているっていうがあります。

ちなみに、

これは誰が想像しても仙人クラスというか
ぶち抜けている成功者の人たちのことです。

他人への干渉、嫉妬、怒りっていうものがなくて
他人に関心が無いんだろうなって感じられて、

自分の事だけに非常に集中してますね。

私も今そうです。

だからもう、

他人への嫉妬とか、他人のニュースなども見ないですし
本当、関心が無いんですよ。

嫉妬も、関心も、怒りも、寂しさも無いし
自分のことだけで集中しているので逆に何か
例えば、日本の悪口を言われたとしても
全く関心が無いという...

 

 

④孤独を感じた時に力を与えてくれるものを、そばに置いておく

今は全く無いんですけど、

当初シンガポールに行った時に
けっこう孤独感を感じていました。

私って、20代の時とかテレビ番組に出てたり
人に囲まれてましたけど、

基本なんかいつも一人ぼっちっていうか
孤独感感じてて。

経営者の人でコレを聞いてる経営者の人も
たぶんみんな絶対どっかに孤独感を持っていますよね。

もちろん、社員さんだって
家に帰ったりすると孤独感を感じたりって
絶対あると思うんですよ。

だけど、

その孤独感を感じた時に負けてしまうとダメで
例えば、あの人に連絡しちゃうっていうね。

「誰かいないかな?」

って友達とかに。

でも私なんて今、ドバイにいるので
友達なんていないじゃないですか?

当たり前ですけど、連絡する人がいないんですよ。

20代後半で日本にいた時は、孤独感を感じたら
すぐに女の子とか飲みに行ける人間に
電話で連絡しましたよ。

本当に、

僕ら人間って何となく孤独感を感じた瞬間に
携帯とかLineとか使っちゃうんですよね。

でも、

これやっちゃうと、本当にもうダメで
本当に孤独感に負けてるって事なんですよ。

その時に、

人に頼ったりとか何かに逃げるんじゃなくて、

自分に力を与えてくれる物をそばに置いておく

っていうのが大事なんですね。

私の場合、それは『本とか格言』です。

言葉っていうのを貯めておいて
それを見てしのぎました。

例えば、

受験勉強の時に孤独感じた時あります。

多くの受験生って友達と予備校行ったり友達と
一緒に勉強するじゃないですか?

多少なりともね。

でも、私は9ヶ月ずっと一人で受験勉強を
やってたんですよね。

って、高校も行って無いし
19歳からで2浪の状態だったので
回りに人がいなかったというのもあります。

その時に、

早稲田大学のパンフレット片時も離さずに
大隈講堂の写真をずっと眺めたりしていました。

そして眼の前に、

『早稲田大学合格必勝!』

みたいのを貼って力を与えてもらいました。

その後、

アパレルで起業した時とかも
ユニクロの柳井社長にすごく憧れていたので
彼の『一勝九敗』という本を置いて
頑張っていました。

その本を、辛い時に読むということもあったんですが

本自体がある

ってことが自分にとっての力
みたいな感じになってました。

あと、

テレビに出てた20代の時も
いろんな人達から嫌われてた時とかも

「嫌われるほど強烈に仕事をしろ!」

という、有名な方の言葉をそばに置いて
踏ん張って、頑張ってきましたね。

また、

アパレル失敗した時とかも同じ感じで、

言葉、格言、本

などをそばに置いて、絶対に頑張らないといけない
と思い、歯を食いしばって頑張ってきました。

成功したいとか、成果を出したいと言うのなら

歯を食いしばって頑張らなきゃいけない時期

は間違いなく来ます。

その時にこくいう物や言葉の存在が必要になる。

私はそう確信しています。









メールアドレス*





-万人受けしない「考え方・マインド」

Copyright© SHO51.jp , 2018 All Rights Reserved.