アカウントなどの整備が終わったら、続いて、リサーチのための知識をつけるため、動画で学びます。

また、人によって進み具合が違うと思いますので、必ずこの順番は守らなくてもOKですし、人によっては直ぐにリサーチを開始する方もいます。

※ただ、基礎を学ぶために、この順番で進めたほうが上手くいく人が多いです。

また、分からないことがあれば、気軽に何でも聞いてくれてOKです!

 

 

 

【Step.0】先にアカウント登録をしてもらった理由

普通に考えたら、お金がかかるアマゾン出店などの、アカウント登録は、動画でリサーチを学んだ後の方が良いと思うかもしれません。

ですが、僕としては、先に全て登録してしまった方が、ビジネスが上手くいくと考えています。

主な理由は、

・既にお金がかかっていることで、真剣に動画を見て学ぶことができる。

・商品を出品できるかチェックするなど、思ったときにすぐに実践できる。

この2つです。

また、この環境を整えることのメリットは、どちらかというと、無意識レベルでのメリットの方が大きいと思います。

特に、本業が忙しかったり、疲れているときに、

「まだアカウント作ってないし、本番リサーチは明日にしようかな...」

こんな風に考えてしまうことを、少しでも防げるかと思います。

 

 

【Step.1】パソコンの環境を設定します。

下記ページのリンクを参考に、3つのツールをインストールしてください。

 

 

 

【Step.2】Keepaについて学ぶ

この2つの動画を参考に「Keepa」の見方を学んでください。

 

 

 

【Step.3】「輸入」での基本的なリサーチ方法

 

 

 

【Step.4】「森式ブックマークリサーチ法」を学ぶ

この方法を使い、自分だけの商品リストを作成することで、ライバルや競合が出づらくなります。

さらに、リスト数を100~200以上に積み上げることで、3ヶ月後、半年、さらに1年後には安定した収益につなげることが可能です。

基礎を学べる動画

基礎が分かった上で見てください

 

 

 

【Step.5】実際に「商品リサーチ」をしてみる

チャットワーク(パソコン)、右上の「儲かる商品リスト」を元に、実際に商品リサーチをしてみてください。

・商品をそのままリサーチする
・リスト内にのっている優良セラーからリサーチする

どちらでもOKです。

 

 

 

【Step.6】リサーチした商品を「商品リサーチ・リスト」に記入する

リサーチした商品は、チャットワーク(PC)、右上にある「商品リサーチ・リスト」に記入していってください。

※商品リサーチリスト記入例の動画

 

 

 

【Step.7】仕入れる前に、注意点まとめ!

【仕入れ前に必ず覚えておくべき、重要なこと4つ】

1.出品規制がかかっていないか必ずチェックする(→このページで登録してみる。)

2.決済時に必ず「ドル決済」に変更する

3.Keepaの見方で、特に注意すべきこと

4.eBayのステータス「New(Ohter)」=中古

上の4つを下記ページでそれぞれ紹介しています。

 

 

 

【Step.8】次のスカイプ通話の予約をしてください。

可能なら、動画で学んだ上で、少しだけでも実際にリサーチを行った後に、スカイプで話すのがベストかと思います。

もちろん、つまずきそうになったら、いつでも連絡や質問してくれてOKです!

投稿日:

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.