Bank Band「MESSAGE(メッセージ)」の歌詞にすごく共感!

投稿日:

こんにちは、森です。

最近は、なんだか低空飛行でした。

というのも、

・ロシアでは8月なのに気温8度で雪がちらつくくらい寒すぎたり。
・滞在ビザ取得のためにはロシア語の勉強が必須なことが判明したり。
・カザンの街では何回も警察、軍人に捕まりいろいろと質問されたり。
・根本的な体質改善しようとしたら副作用で数ヶ月もひどいアトピーが復活したり。
・痒みがひどくて、夜もまともに寝れなかったり。
・ビザ取得であ歩き回り全く仕事に集中できなかったり。

いろいろあったのですが、何よりももうすぐ子供が生まれるということが
一番大きかったかもしれません。

また低空飛行というか、厳密に言えば、

「日本やアメリカ、ヨーロッパなどの住み慣れた先進国とは
全く別次元の国ロシアからの洗礼を受け、ちょっとした人生の壁にぶち当たった。」

と言ったほうが正しいのかも。

そんな時にこの偶然、この曲に出会いました。

夜の街を散歩しながら何十回もこの曲をひたすらリピートで聞きましたが
異国で聴く日本語の歌はいつも以上にすごく心に響きました。

 

 

 

クタクタに疲れている時にふと出会った「この曲」に癒やされる

- MESSAGE -メッセージ-
Bank Band with Salyu

とにかく一回聴いてみてほしいんですが、内容を簡潔に書くと、

夢や理想を叶えるべく頑張ろうと決めたとしても
いろいろと現実的にはそれを叶えるのは難しい。
なんだけど、もう一度だけチャレンジしてみてほしい。

という感じです。

ただ、応援歌という感じではなく、そっと背中を押してくれるような曲でした。

 

 

 

Bank Band「MESSAGE」の歌詞にすごく共感!

ミスチルというか、櫻井さんらしい静かなピアノのイントロで曲は始まります。

すごく日本の邦楽っぽい感じで、すごく心に響きました。

また、歌詞がどう響くかは人それぞれかと思いますが、僕の場合は、

「ロシアで生きていくことを決めたけど進むにつれて問題だらけで
なかなか思い通りに先に進まないし、はたして自分の選択は正しかったのか?」

という思いと、同時に日本人やアジア人が全くいない場所で
すごく心細くなっていた時期だったので、この歌詞にはすごく勇気づけられました。

さらに、Salyuの伸びるような透き通った声にもとても癒やされました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Salyuさん(@salyu_official)がシェアした投稿 -

 

 

歌詞は「本質をついているな」と思う

あれから少しでも 変わってこれたでしょうか?
誓いは立てたけれど そこで何かが終わってた
目の前の机には 昨日までの宿題が
白紙に近いままで また今日が覆い重なる

夕陽に影が伸びて 1日の終わりをかたちどる
両手を広げ十字架を作る 別に意味はない

僕のサラリーマン時代はまさにそうだったんですが
すごくいい会社、給料に不満はなく、残業も無いし
普通に仕事してればどんどん出世できるし。

とにかく、

何も問題がなさ過ぎて「ぬるま湯の温泉」状態で
危機感が全く持てなかったのでスキルアップのための
英語の勉強ははかどらず、また副業もチャレンジしても三日坊主で終了...

もちろん、英語は覚えたかったし、将来、海外移住をすることを目標に
副業で上手くいきたかったし、願望は結構強かったかと思います。

ですが、結果的には何も手に入りませんでした。

 

 

「きっとうまくいく」とか 「何か意味がある」とか
スケールの大きな嘘で ただ忙しいだけの
ちっぽけな暮らしを 慰めて生きてる

だけどもう一度 だからこそもう一度
夢見る時代(ころ)は去ったとしても
まだ自分さえ知らないような
新しい自分になりたい

「何か意味があるのかな?」と考え続けること。

コレ現実逃避とも言えるかもしれません。

僕自身の経験では、

特に疲れていたり、不安なときには無理くり「生きる意味」を考えたり
きっとうまく行くから今はひとまず休憩とか、言い訳を作って
今まで続けてきたことを辞めてしまうってことは何回、何十回もありました。

ただ、「いつかは海外に住みたいな。」という夢は叶えた僕が言えることは
何回、何十回立ち止まったとしても、また再スタートすることで
必ず夢や理想は手に入るということです。

もちろん、

再スタート時には、前回と同じことをやらないといけません。

欲張って、英語の勉強、筋トレでムキムキ、副業で稼ぐなどグルグル回すのは良くなくて、

英語と決めたら、目標達成まで英語を頑張るべきだし、

筋トレと決めたら筋トレを続けたり、いかにマッチョになれるかを研究するべきだし、

副業で稼いで脱サラと決めたら、起きている時間はいかに稼ぐかを四六時中
考えるくらいのことはする必要があるかと思います。

また、副業だとしても輸入をやるなら輸入、アフィリエイトならアフィリ
みたいにジャンルをコロコロ変えていたら上手くいくはずがありません。

さらに、あくまで僕の意見ですが、

サラリーマンの場合は、仕事サボったり、本業の手を抜いてでも
それらを叶えるためにそっちに力を集中すべきだと感じます。

 

 

教室の隅 貼り出された 子供の頃の夢には
職業の種類だけが並んでた
でも本当は自分を ちゃんと愛せる自分に
なることが何よりも大事だった

誰かと比較したり 他人(ひと)の視線が気になったり
想い出だけが綺麗に見える 今の私だけど

ロシアに住んでみて感じることそれは、

「ロシア人は自分に自信を持って生きている。」

ということです。

義理のお父さんはほぼ生涯無職ですが自信満々に見えます。

もちろん、この場合は変わりの誰かがお金を稼がないといけなくで
=お母さんの苦労があって成り立っている話しなので
良いのかどうかは判断しづらいですが
ロシアにはこういう人がけっこういます。

もしこれが日本だったら、

「自分は無職だし、何もスキルが無いから私なんかダメ人間だ...」

と他人と比較してしまい勇気、自信を持って生きることは
難しいんじゃないかと感じます。

実際に僕もサラリーマンを辞めた後からビジネスが軌道にのるまでは
ほぼ無職みたいなものだったので、すごく人目を気にしていました。

また周りと比較すると、自分が劣っているように感じてしまい
自信をなくして、勇気をくじかれるのは、すごく悪循環かと思います。

僕の場合は自信を無くしたときは、ビジネスでの大きな決断が出来なくなりますし
批判されたら嫌なので、ブログも消極的な記事が増えてしまい
なかなか記事が完成しにくくなります。

 

 

自分と違う誰かの生き方とハモれずに
心がささくれ立つ日は
この世界に生まれた意味をぼんやり考えたりもする

もしかして性別とか人種とかの「違い」は
思いがけない可能性と
想像を超えた大きな意義を
そこに忍ばせたメッセージかも

人と比べて自分が劣っているように感じて自信を失う。

こうなると様々なことが上手くいかなくなる訳ですが、

・上手くいっている理由はいった何なのか?
・自分には何が足りないのか?
・なんであの人は幸せそうに見えるのか?

などをじっくりと考えるために比べることは決して悪いことでは無いと思います。

僕自信はロシアに住み、ロシア人と日本人を比べてみたのですが、

日本人は真面目すぎてロボットみたいだけど反面
すごく丁寧、責任感が強い人が多い。

ロシア人は無表情だったり頭カチカチな人が多い
でも本当はすごく優しい人が多い。

みたいにいろいろと感じたのですが、日本人の僕に足りなかった物は、

もっと自分に自信を持って発言したり、行動したり
自分の意見、信念をもっと強く持ってもいい。

そして、「こうじゃなきゃダメ!」という枠から外れたとしても
別にそれがダメなわけじゃなくて、自分が納得できるのなら構わない。

もちろん、それによって大変で辛い思いをしたとしても自己責任だけど。

全ては自分の人生なんだから。

こんな感じで徐々に、呪縛が溶けてきた気がします。

 

 

 

泣いたり笑ったりして 出来た皺に愛を注げば
今日までどんな風に生きてきたかあなたに記す 心の地図

忙しい日が続き疲れていると、感情が薄くなり
泣いたり笑うことが少なくなると思います。

特に、「最近、心から笑ってないな...」と感じている人は少なくないはず。

僕もよく自分のことに集中しすぎて、泥沼にはまってしまい
気がついたら無表情で過ごしているということが多かったです。

そんなとき僕は、家から近くにある景色が良い丘に行きます。

スマホの電源を切り、ひたすら景色を眺めたり、雄大な自然の中を歩き回ったり。

そんなことを何日か繰り返していると気がついたら元気になっています。

本当、自然のチカラは雄大だなと感じます。

 

 

「何かの暗示」だとか 「別の意味がある」とか
スケールの大きな嘘を 冷めた顔で馬鹿にしながら
どこかで信じて暮らしてる

だけどもう一度 だからこそもう一度
望んでなれるものじゃなくても
まだ自分さえ知らないような
「幸せだよ」と真っ直ぐ言えるような
笑顔の自分になりたい

「心のどかかで信じている。」

コレすごく大切だと思います。

どれだけ疲れ果てて、精神的に弱ったていたとしても
信念が無い人は永久に流されて生きることになるはずです。

僕もまだまだですが、

「幸せだよ!」

と心からの笑顔で、自分の自信を持って言える人間を目指したい。

これは間違いなくそう思います。

 

 

なぜ上手くいかない?

誰しも、人それぞれ夢、理想はあると思いますが現実は
その夢、理想を叶えるのはかなり難しいと思います。

というのも、

それらを叶えるまでには襲ってくる試練、問題
またそれらからくる不安、怒りなどを
幾度となく乗り越えなくてはいけません。

例えば、

夫婦や家族の問題、会社での問題、お金の問題、健康上の問題など。

人は様々なことに振り回され、時間を奪われ気がついたら
本当は持っているはずの「夢、理想、目標」を忘れてしまいます。

 

 

起業、副業の世界のはなし

僕自身、日本で会社を経営しながらロシアに住んでいるのですが
副業、起業の世界に関してもうまくいくのは簡単じゃありません。

現実は9割以上の人が失敗しますし、数年後にはさらに減ります。

そのため、この世界に長くいると仲良くなった人たちが
どんどん消えていきます。

僕がすごく思うのは、夢、理想、目標を叶えるためには
多少の犠牲は払ったり我慢は必要ということです。

これは僕の意見ですが、

特にビジネスをスタートした1~2年目は
余計な人間関係を減らして、自分がやるべきことにフォーカスしたり
もし家族や子供がいるのなら家族の了承をもらって集中できる環境を作る。

これは必須かと思います。

例えば、

余計な異業種交流会とか、余計なセミナーとか、余計な飲み会など
余計な人間関係を増やさないほうが間違いなく良いです。

とはいえ、起業当初の僕も、

「コネが大切!」

と勘違いして、どんどん交流会やセミナーに参加した挙げ句
いろいろな飲み会や人からの誘いに出向き、結果的に
それだけで疲れ果ててしまって全く自分の作業をする時間が持てない
という自体に陥りました。

しかも、凄そうな人、活躍している人と付き合うということで
なんとなく自分もすごいことをしているとか、ちゃんと仕事をしている
と勘違いもしてましたね。

でも、実際には種をまいていないので、芽は出ない...

なのでもしあなたも昔の僕みたいに、英語の勉強、副業、筋トレなど
何でもそうかと思いますがなかなか結果が出ないなと感じているのなら
ここで一回人間関係の整理をしてみると上手くいくかもしれません。

 

 

 

いろいろ書いたけど、人生は一度きりなので...

誰しも同じく人生は一度きりです。

僕としては絶対に平凡なまま死んでいきたくはありませんでした。

なのであまり不満が無いぬるま湯状態の会社を辞め
英語を勉強し、起業し、そして今は昔からの夢だった
海外移住をすることができました。

もちろん、

海外移住の夢が叶う=ゴールというわけではありませんし
冒頭で書いたようにロシアでは問題も山積みです。

ですが、そういう大変なこともすごく刺激的に感じられますし
どんどんと経験値が上がり、レベルアップしているなとも
実感することができます。

そういうことをこの

Bank Band「MESSAGE」

という曲が気づかせてくれました。

ということで、あなたも疲れていたり、不安なときは
ぜひこの曲などを聴いて問題を乗り越え、夢や理想を叶えてほしい
本当、そう願っています。

もちろん僕も、もっともっと自分らしい幸せのカタチを
目指そうと思います。

それでは。




-万人受けしない「考え方・マインド」

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.