ただの「セミナー・塾・教材・本」レビュー

竹中重人「すごく誠実!」SHIFT塾 2018(Amazon輸出の塾)

投稿日:

森です。

来月、またニューヨークへ行きます。

約3ヶ月ぶりと、
あまり時間はたっていないのですが
すごく楽しみです。

また次回は、

メキシコ国境沿いに住んでいる
取引先にも会いに行きます。

取引先とはいっても、

何回もクラブでオールしたことがあったり
メキシコに連れて行ってもらったり
お父さんと彼女とドライブしたり
彼女から彼のグチを数時間も聞いたり...

と、もう完全に仲がいい友達です。笑


(シャイな僕とは違い、普通に
「顔だしで写真載せてもいいよ!」とのこと。笑
こういうところも含めて、ラテン系のノリは最高!)

さらにもう一つ、

彼には僕の代わりにeBayで僕の商品を
販売してもらっています。

一般的な「eBay輸出」とか「Amazon輸出」
とは少し違うんですが、

米国仕入れ→米国販売

です。

多分、

日本で教えている人はいないだろうし
実践者もかなり少ないと思います。

こういう時に思うのは、
せどり・転売などで基本と言われている

「安く仕入れて、高く売る」

このルールーは世界中で通用するな
ということを実感できます。

本当、

日本で仕入れようが、アメリカで仕入れようが
ヨーロッパで仕入れようが、

法律やルールさえ守れていれば
安く仕入れられればどこからでも
OKとかと思います。

またそれらの商品を、

日本で売ろうが、アメリカで売ろうが
ヨーロッパで売ろうが、どこでもいいんですね。

実際に、

米国仕入れ→イギリスのAmazonで販売

ということにも挑戦したのですが...

残念ながら、結果的に

輸入の許可が取れない商品だったので
断念したという経験があります。

ですが、

そういう知識があったり
販路を持ってさえいれば
ビジネスの選択肢はかなり広がります。

と、前置きが長くなりましたが
そんなスキルアップを目指すべく
「Amazon輸出ビジネス」
のことを調べていたら

こんな企画を見つけました。

SHIFT塾

竹中重人 

紹介ページ

SHIFT塾のビジネスモデルを学んだ人の内

月商  50万円以上・・・95%
月商 100万円以上・・・70%
月商 500万円以上・・・40%
月商2000万円以上・・・11%

驚異の実績を誇る「SHIFT」が
株式会社オークファンとタッグを組み、
さらに発展、パワーアップ!
それが。SIFT塾の進行形、

Amazon輸出スクール

 

 

「竹中重人」って?

竹中重人さんとは
実際に会ったことは無いし

この企画のことを知るまでは
全くもって知らなかったですが

今回のセミナー動画を見たり
彼の名前をググったり調べてみて
思ったことはというと



「すごく誠実そうだな。」

でした。

 

 

Facebookは地味だけど...

まずはGoogleで「竹中重人」と
検索して見つけたFacebook。

LINE@も載せてませんし
全くギラギラ感がありません!

最近、そこら中にクソみたいにいる...
ギラギラした人たちとは全く違いますね。

しかも、ナシの写真とか中々渋いです。笑

友達300人で、いいね50件くらい
よくいる友達5000人で
いいね100件とは大違いです。

 

 

「竹中人生」にすごく共感...

動画で紹介されている竹中さんの人生、

僕がサラリーマン時代に勤めていた
秋葉原にある会社の社長の人生に
すごく似ています。

その社長の人生は

2005年 中国輸入スタート
2006年 そのまま上手くいき、法人化

2018年 社員30人で順調にビジネスを継続中

また、竹中さんの場合は、

2008年にスタートした「中国輸入」ですが
商品の質が悪かったり、トラブルが多く
上手く行かず、2011年に撤退しています。

実際に僕も

サラリーマン時代の会社では
中国輸入のリスクは何回も
体験しています。

【過去記事】
中国輸入歴6年が教える「トラブル事例」

 

 

物販歴13年らしく、物販のメリットを説明

なぜ「物販」なのかというと、

竹中さんは

「物販というのは物自体に価値があるので
FXや仮想通貨と違いお金が全く無くなる
ことが無く低リスク」

ということを言っています。

せどり・転売からスタートして
今は「Amazon輸入転売」を本業にしている
僕もこれには同意見ですね。

 

 

映像内「稼いでいる人の特徴」も言っていましたよ!

販売スタートから3ヶ月後の月商

N.Aさん(30代男性) 副業 月商95万円

福岡の元気な方で東京、大阪のセミナーも
毎回ちゃんと出てきた人ですね!

もう本当に、熱意に溢れる人!

 

K.Aさん(40代男性) 専業 月商150万円

ゴリゴリと、いつも仕事してる人ですね。

 

M.Hさん(30代女性) 主婦 月商200万円

「物販は」全く初めてのキレイな主婦の方。

(ニュアンス的には多分、何かしらの
ビジネス経験はありかなと感じます。)

 

 

そして、肝心の利益率は

上であげた方々や「SHIFT塾生」の利益率は
5~20%くらいらしいです。

なので、

一番下の月商200万円の主婦の場合は
多くて

月収40万円

ほどのようですね。

正直、

「5%とか利益率低いな。」

と思ってしまったんですが、
それにはちゃんとした理由があって

他の物販セミナーや塾などで
うたわれている

利益=売れた物だけから計算

するのではなく
売上から

仕入れた物(仕入れに使った全てのお金)

を引いて利益を出しているようです。

続けて、竹中さんは

「あなたが欲しいのは、
見せかけの利益ではなく

 お金を増やすのが目的ですよね」

と言っています。

確かに、

巷に溢れる物販系のスクールや塾では
見せかけの利益、しか紹介していない
ということがほとんどだし

そもそも、

竹中さんの考え方の方が
かなり全うというか、本来
当たり前という気すらしてきます。

この流れで、

儲かっているけど手元に
キャッシュが無いことが原因で
起こる「黒字倒産」のことも
ちゃんと説明していました。

せどり・転売で黒字倒産のことは
結構聞くので...

この辺りは好意的な印象を受けました。

 

 

eBayではなく、なぜ「Amazon輸出」なのか?

竹中重人さんがすすめている
「Amazon輸出」のビジネスモデルは

日本で仕入れた商品を
アメリカのAmazonでFBA売る。

という、無在庫ではなく
在庫を持って行うスタイルのようです。

ちなみに、

「FBA」とは日本のアマゾンでも同じなんですが
在庫をまとめてアマゾンの倉庫に預けることで
僕らの代わりに、Amazonが

注文受注→発送→サポート

業務を行ってくれるサービスのことです。

なので、

今回の場合は

「日本で仕入れた商品をまとめてアメリカへ送る」

ということになります。

また、

eBayの流通総額「800億ドル」に対して
アメリカAmazonは「3000億ドル」

これも「eBay輸出」ではなく「Amazon輸出」を
すすめる理由のようです。

 

 

「リサーチ&仕入れ」に専念できる理由

「Amazon輸出」の通常の流れはというと

①リサーチ
②仕入れ
③検品

④納品(米国Amazon倉庫へ)
⑤販売
⑥発送

こんな感じなんですが、
竹中さんの塾「SHIFT」の会員限定で

③検品
④納品

の作業を代わりにやってくれるようです。

もちろん、

⑤販売、⑥発送の作業に関しては
アメリカのAmazonが全部やってくれるので
あなたがやる作業はというと

①リサーチ
②仕入れ

だけとなり、
能率が上がり、仕事がはかどるので
成功しやすいようです。

さらにこのシステムを活用する
メリットを竹中さんは

ネットを使った仕入れができるので

「世界中どこにいても作業ができる!」

ということをプッシュしていました。

僕の場合はAmazon輸入ですが、
この「ネットを使う」という恩恵を
かなり受けているのでこの点に関しては
心から共感できますね。

【過去の記事】
「海外で仕事」 ドコでもできる、メリットを最大限に生かす!

と、現段階ではここまでですが
まだ動画は続いているので、
引き続きレビューは続けますが...

 

 

それで、果たして成功できるのか?

成功事例で出てきた
方たちのエピソードを見ていて
少し気になったのですが...

もう本当に、熱意に溢れる人!(30代男性・男性・95万円)

ゴリゴリと、いつも仕事してる人ですね。(40代男性・専業・150万円)

この塾の恩恵を「フル活用」している主婦。(30代女性・主婦・200万円)

動画の中で、竹中さんたちは
こんなようなことを言っていました。

実際に僕も
いくつも物販のセミナーに
参加してきたのでだいたい
分かるんですが、

どこのセミナー・塾へ参加しても

「1割位の人はめっちゃ頑張る」

ということが分かってきました。

上でもあげた、

・ガッツがあったり
・ゴリゴリ仕事をしていたり
・使える物をフル活用していたり。

ただその半面、

大半の人たちが思ったように
稼げなかったり、フェイドアウト
していくのも近くで見てきました。

そんな人達と
飲みに行ったり話を聞いても

・モチベーションが低かったり
・何となく参加していたり
・成功したらラッキーと思っていたり

こんな感じの人が多かったです。

というか、成功した人たちは

・何が何でも成功してやる!とか
・本当にブラック起業をやめたい!

など崖っぷちの人が多いです。

成功するか死ぬか

極端に言うと本当
このレベルなんですね。

 

売上×2倍の仕入れ資金が必要

ちなみに、

「Amazon輸出」で月商100万円を
安定的にクリアしたいというのなら
手元に200万円近い資金が
あった方がいいです。

何故かを説明します。

最初は慣れないし
失敗も多いと思うので

月商100万円、
利益率10%として、

100万円の売上
(利益率10%)

①日本での仕入れ値:70%(70万円)
②アメリカへの送料など:5%(5万円くらい)
③Amazon販売手数料(FAB含む):15%

③番の売れた後にかかる手数料以外は
先に支払わないといけません。

100万円の場合は、75万円ですね。

日本で仕入れる
↓ 2週間
商品がまとまり次第、米国Amazonの倉庫に納品してもらう
↓ 1週間
無事に納品され販売開始
↓ ~2週間
入金

かなりスムーズにいっても
1ヶ月ちょい。

なので、

慣れるまでの最初の頃は
「仕入れ~入金」までが1ヶ月半とか
2ヶ月くらい見ておいた方が良いです。

ということを考えると
100万を売り続けるためには
少なくとも150万円の現金が
必要になってきます。

いろいろ調べていたら
「Amazon輸出」実践者の方で
詳しく説明されているサイトを発見しました。

→こちら。

さらに、

・塾のシステムの使用料、数十万円
・FBAのすり替え詐欺などのリスク

にあった時の事も考慮する必要があります。

せどり・転売、Amazon輸入、eBay輸出など
物販系全般に言えることですが

資金がある人が稼ぎやすい

というのはすごく当たり前なことですが
意外とみんなが見落としがちな点です。

 

 

売上×2倍の資金は「Amazon輸入」でも常識

Amazon輸入転売で安定して

「月商1,000万(利益200万)」

もの売上をあげている知人が何人かいますが
実は彼らには結構額の借金があります。

だいたいの人が月商×2倍の金額
くらいは資金を借りています。

本当、

月商1,000万円です!

とうたっている人たちも
実は借金がたくさんあるということは
あまり公にはされていませんね。

飲みに行ったりしないと
そういう裏事情を知ることは
なかなかできません...

 

 

いろいろ書きましたが

もし、あなたが

「私は、絶対に成功する自信があります!」

とか

「僕は、どんなに利益が出なくても1年は続けられます!」

と自信をもって言えるのなら
成功する可能性は高いと思います。

でも、

「何だか、不安だな~」

とか

「稼げたらラッキー!」

こういう人は、全く稼げずに
塾に通うライバルたちが
どんどん売上を上げていくことに
プレッシャーを感じてしまい

モチベーションが上がらなくなり
自分だけ売上が低いことが恥ずかしくなり
すごく居づらくなり...

そして、

数年前の僕がそうだったように
フェイドアウトしてしまう
可能性が高いです。

本当、

心から素晴らしいなと思っていた
セミナー・塾にもかかわらず
失敗していく人たちを何十人と
見てきたので...

と、今日はかなり長くなったので
この辺にしておきますが、

最後に。

別の記事にも書いたことですが
正直に言うと僕は、

一時期、友達や知り合いとの付き合いを
「バサバサ」と切りまくった時期があります。

当時はすごく辛かったですが、
それと引き換えに今の自由な生活がある
と思っています。

そして今は

本当に信頼できる彼女・親友たちだけ
に囲まれて生活できるようになりました。

他の幸せそうな成功者を見たり、
実際に聞いたししても
同じ経験をしている人がすごく多いです。

何がいいたいのかと言うと、

ビジネスで成功するためには
それくらいの覚悟が必要だよ
ということです。

でも逆に、

その覚悟さえできれば
回りが全く見えなくなるフロー状態に入り
集中することができるので

「気がついたら成功していた!」

こんなセリフを南の島かどこかで
言うことができると思います。

なので思い切って、

何かを捨てたり、辞めることで
あなたもこうなれるかもしれません。

経験上。笑

では♪

 

ニューヨークで1ヶ月間「ひたすらカフェでパソコンをカタカタと...」

「Amazon輸入転売」を人に教えない理由

「最高月商は700万円」僕の「せどり」の実績を紹介(※経験した、リスクも書きます)

 






メールアドレス*

-ただの「セミナー・塾・教材・本」レビュー

Copyright© SHO51.jp , 2018 All Rights Reserved.