【日本の税金&社会保険高すぎ…】移住→海外で納税したら200万円以上、浮く

投稿日:

こんにちは、森翔吾です。

僕はロシアへ移住して2年経過しました。

そのため本来は日本への納税義務は無く
ロシアへの納税する必要があったのですが、

2021年までは
日本に法人を持っていたので
日本で納税していました。

2021年中に日本法人を閉じ
同時に住民票を抜き、

=正式に日本の非居住者になり
2022年からはロシアに
納税することになります。

ということで今回は

日本→ロシアへ納税した場合の
合計額の違いを計算しようと思います。

ちなみに、

現在、住んでいるロシアの他に
移住ビザを取得するために
会社を設立した、

・ドバイに住んだ場合

もシミュレーションしてみます。

日本

ロシア

ドバイ

この3カ国で計算してみます。

一応、言っときますが、

・配偶者、子供が日本に住んでいる
・日本に法人を持ってる
・定期的に日本へ帰国している

こんな場合は日本での納税義務が
あるみたいなので注意が必要です。

 

 

 

先に結論です

2021年の僕の会社の売上、利益などを
言っちゃいますが…

年商       :1000万円
年収(役員報酬) :600万円
経費       :400万円

法人利益     :ほぼ0

だいたいこれくらいでした。

今回はロシアでの不動産の
売却益、賃貸利回りは除きますが、

それも入れると年収は
倍くらいになるかと思います。

ぶっちゃけ、

この規模の売上で
法人を持つメリットは無いと思います。

僕の場合は過去は5〜6倍の売上があったり
取引先との信頼関係維持のため
あえて保持していた感じです。

・・・

詳しい計算、詳細は
記事を詳しく読んでもらうとして、

税金などを支払ったあとに
手元に残るお金は、

日本:470万円

ロシア:660万円

ドバイ:760万円

 

ここから現地での生活費を引き
手元に残るお金=純粋に
貯金、投資に回せるお金は、

日本:110万円

ロシア:520万円

ドバイ:280万円

物価が安いロシアが圧倒的に
貯金できることが分かります。

では詳しく計算し
詳細を書いていきます。

 

 

 

日本での手取り:470万円

今回は去年の僕みたいに
法人の経営者を想定します。

個人事業主だと社会保険料が
国民年金などになり安くなると思います。

あくまでも1人社長の場合は、

年商       :1000万円
年収(役員報酬) :600万円
経費       :400万円

法人利益     :ほぼ0

 

 

会社の経費、税金など、

合計:400万円

仕事上の必要な経費 :198万円
社会保険(会社負担):80万円
税理士顧問料    :65万円
消費税(簡易)   :50万円
法人税       :7万円

 

個人の税金等、

130万円

社会保険(個人負担):80万円
所得税       :20万円
住民税       :30万円

 

日本は役員報酬の概念があるので
他の国と比較しずらいかもしれませんが
出費=530万円

最終的に手元に残るのは…

1000万ー530万=470万円

 

 

 

 

ロシア:660万円

個人事業主だと経費の概念が無いので
売上✕約14%になります。

 

所得税

140万円

1000万✕14%=140万円

 

ロシアの場合は所得税だけ。

社会保険料を払わなくても
医療費がタダになります。

年金制度はあるらしいのですが
将来の年金が不要であれば
払わなくてもOKらしい。

 

経費、所得税

340万円

仕事上の必要な経費 :200万円
社会保険(会社負担):140万円

 

なので、手元に残るのは、

1000万ー340万=660万円

 

 

 

 

ドバイ:760万円

ドバイの場合だと、

法人税、所得税など=0円ですが
年間の法人ライセンス料が約40万円
必要になります。

なので、

 

経費、ライセンス料

240万円

仕事上の必要な経費 :200万円
社会保険(会社負担):40万円

 

手元に残るのは、

1000万ー240万=760万円

 

 

 

 

【物価差】毎月の生活費を考慮すると…

1000万円を売り上げて
200万円経費を使った場合の
手元に残るお金をまとめると、

日本:470万円

ロシア:660万円

ドバイ:760万円

 

このお金から、

・毎月の生活費

を引くことで、

・最終的に残るお金(貯金額)

が分かります。

 

僕自身のロシアでの生活費や
日本、ドバイで暮らす
知り合いの出費を元に算出します。

また家族構成の想定は、

・夫婦+小さな子供1人
・持ち家(家賃なし)
・基本的には質素な暮らしを心がける
・日本は東京都心の少し郊外
・ロシアは100万人の中都市カザン
・ドバイは日本人が普通に住めるエリア

 

毎月の生活費

日本:360万円

ロシア:120万円

ドバイ:480万円

 

こんな感じかと思います。

 

手元に残るお金から生活費を引くと

日本:470ー360=110万円

ロシア:660ー120=520万円

ドバイ:760ー480=280万円

日本:110万円

ロシア:520万円

ドバイ:280万円

上記は純粋に、

・貯金
・投資

に回せるお金ですね。

 

 

 

結論:税金が安くても物価が高いと残らない…

収入が数千万円あれば
あまり考慮する必要は
無いかもしれませんが、

これくらいの収入だと、

・物価が高い国 OR 安い国

の違いがクッキリ出ますね。

ただ、

数千万円の年収を得ようと思うと
「のんびりライフ」を送ることは
難しくなるかと思います。

もちろん、ずっとではないですが
2〜3年くらいは仕事に集中しないと
クリアできないと思います。

=その間は子育てがおろそかになる

コレは間違いないと思うので
僕は今のバランスが
すごく良いなと思い、

敢えてこれくらいの収入を
維持するようにしています。

って、起業当初は
月に50万円レベルを稼ぐのは
死ぬほど大変だったんですが…

今は30%くらいのパワーで
それくらいはいくようになりました。

やっぱり、

自分が何を最優先にして生きて生きたいか?

これが明確にすることはすごく
大切だなと感じます。

・何もかんがえずがむしゃらに働く

こんな時期があっても悪くは無いですが
子供が生まれたばかりに
こんなことをしていたら、

僕だったら絶対に後悔しそう…

考えは人それぞれですが
僕はそう思います。

今日はここまで。

それでは!

-−投資

Copyright© , 2022 All Rights Reserved.