ただの「セミナー・塾・教材・本」レビュー

阿部悠人「今は仮想通貨?」月30万以上を確実に稼ぐ! メルカリで中国輸入→転売実践講座

投稿日:

森です。

たまに、

本業の「Amazon輸入ビジネス」など
物販、輸入に関して勉強しているのですが
今日はこの本を読んでみました。

月30万以上を確実に稼ぐ! メルカリで中国輸入→転売実践講座

阿部悠人

2017/5/18

¥ 1,512

書籍の紹介ページ

月30万以上を確実に稼ぐ!
メルカリで「中国輸入→転売」実戦講座

フリマアプリの第一人者が
とっておきのノウハウを教えます。

本気で稼ぎたいなら今が最大のチャンス!

レビューの評価はけっこう良くて
よくある、

高額セミナー・高額塾、詐欺などの
表現はみられませんでした。

好感が持てますね。

本書は初心者向けの書籍なので

・メルカリの登録方法
・そもそも転売とは何か?

ということなども書いてあるのですが
その辺りは必要ないと思うので

「輸入転売・せどり・転売」経験者の視点から
重要そうな部分だけをまとめていきます。

 

 

フリマ系なら「メルカリ」一択!

阿部悠人さんがすすめる中国輸入は

ノーブランド商品を中国から仕入れ→メルカリで販売

というビジネスモデルのようです。

また、

そのメリットは主に

仕入れ値が低く、偽物の心配が無いので
初心者でも扱いやすい

メルカリユーザーはオシャレ&安い物を
好むので売れやすい

らしいですね。

またメルカリ、ラクマ、フリルをはじめとする
「フリマアプリ」の出品者(売り手)は

ビジネス目的でないユーザーが多い

ようで、ライバルが少ないということが
メルカリを使うことの利点のようです。

その中でもメルカリ・アプリの
ダウンロード数を調べてみたのですが

・メルカリ:5000万人
・ラクマ(ファブリック):600万人
・ラクマ:400万人

と、圧倒的にメルカリのユーザー数が
多いことが分かります。

他にも、

メルカリでは同じアプリで
幅広いジャンル

レディーズ、メンズ、エンタメ、家電
ハンドメイド、ベビー、キッズ

などのジャンルの商品を扱うことができます。

 

 

フリマだけど、クレカ、コンビニ払いなどの「多彩な支払方法」

フリマと聞くと、僕しては何となく

=現金払い

というイメージを持っていたんですが
このフリマで商品を購入する時は
クレジットカードをつかって商品を買うことができます。

支払い方法一覧は、

・クレジットカード
(VISA、MasterCard、JCB、アメックス、ダイナース)

・コンビニ払い

・d払い(ドコモ)

・auかんたん決済

・ソフトバンクまとめて払い

・ATM払い

・メルカリ月イチ払い(2~3万円程度)

これだけ支払い方法があれば
確かに、お客さまが商品を買ってくれる
可能性はかなり高まりそうですね。

 

 

「メルカリ」ではトラブルが起こりにくい

メルカリでは

出品者側
・客から入金がされない
・商品を送ったけど入金無し

お客さん側
・入金したのに、商品届かず
・不良品が届いた
・商品が写真、イメージと違う

こんな感じのトラブルが起こらないように
代金の支払い、受け取り時は常に
メルカリが間に入ってくれるため
出品者、お客様同士で直接お金のやり取りを
する必要がありません。

そのため、

出品者、お客さまの両者共に安心して
取引を行うことができるようです。

万が一、トラブルが起こった場合でも
メルカリが仲裁してくれるため
安心して取引、ビジネスを行うことができます。

 

 

本題の中国輸入に関して

「月30万以上を確実に稼ぐ! メルカリで中国輸入→転売実践講座」

ここからは、この書籍の本題
中国輸入に関してです。

中国輸入のメリット、デメリットを上げると

メリット

・仕入れ資金が2、3万で始められる

・安定した商品の仕入れができる

・オリジナル商品を作ることができる

 

デメリット

・質が悪い商品が多い

・中国語のハードル

・薄利多売になりやすい

一般的にはこんな感じなんですが、
本書もだいたい同じことが
書いてありましたね。

ちなみに、

「中国輸入→メルカリ販売」

の具体的な手順ですが

メルカリで売れ筋商品のチェック

中国の仕入れサイトで同じ商品を探す
(アリババ、Aliexpress、タオバオ)

商品が見つかったら仕入れる
(輸入代行業者を使うことで変わりに仕入れてくれる)

中国から届いたら商品を撮影しメルカリにアップ

商品が売れたら、お客さまとやりとりして梱包、発送

評価する

こんな具合で、やることは
中国輸入→Amazon、ヤフオク販売などと
ほぼ同じで、売る場所が「メルカリ」
という違いだけですね。

結局、どこで売るにせよ
「中国輸入」で一番大切なのは

仕入れ

なのは間違いありません。

逆に言えば、

ライバルがいない、良い商品が見つかりさえすれば
Amazon、ヤフオク、メルカリに限らず
楽天、ヤフーショッピングなど
どこで販売しても良いわけです。

もちろん、

・メルカリの客層
・Amazonの客層
・ヤフオクの客層
・楽天の客層

はそれぞれ違うと思うのですが
個人的な意見を言ってしまうと

メルカリのメリットでも有る

若い客層なので、売れやすい

ということは、Amazonなどよりも
客単価が低く、完全に薄利多売になり
かなり沢山の商品を売る必要があります。

仮に、

1個1,000円の利益が出る商品を扱う場合は
10万円稼ごうと考えたら100個も
商品を販売する必要があり

100回もメッセージのやり取りや
梱包、発送などをしないといけません。

また、

本の題名にもなっている「30万円」も
メルカリで稼ごうと思ったら
300回もそれらのやりとりをしないと
いけないことになります。

さらに、

ベテランのビジネス経験者の間では
常識的なことなのですが

ライバルが少ない=儲かりにくい

といった事が普通に言われています。

もちろん、

時間が有り余っている人であれば
何も問題ないかもしれませんが
そんな人はかなり稀だと思いますし

ほとんどの人は、昔の僕と同じく
サラリーマン、もしくは主婦などで
そんなに時間的な余裕は無いはずです。

もし、発送作業をすることで
何かしらのスキルが身につくのなら
ひたすら作業すべきかもしれませんが

いくら、梱包、発送作業をしたところで
今後に役立つスキルを身につけることは
ほぼ無いと思います。

なら、

自分はひたすら商品リサーチや
仕入れに専念できるように
商品をまとめて倉庫に納品してしまえば
後の作業、

注文受注→梱包→発送→(サポートも)

を全てやってくれる「Amazonで販売」することを
初めから選んだほうが数倍ラクだろうなと感じます。

実際に僕も、

「Amazon輸入ビジネス」を3年ほど続けてきて
面倒な作業を全部やってくれる
アマゾンFBAの恩恵をかなり感じています。

正直、

アマゾンのFBAがなかったら今頃は「輸入ビジネス」
自体をやっていなかったと思います。

 

 

中国輸入のデメリットを紹介

僕のサラリーマン時代に勤めていた会社は
中国輸入の先駆け的な会社で

かれこれ、15年も前の

2003年6月

に「中国輸入」をスタートしました。

そんな会社で約6年間働いてきて
色々なトラブルを見てきました。

【過去記事】
中国輸入歴6年が教える「トラブル事例」

以前の勤務先で見てきたトラブル事例などは
この記事にまとめてあるんですが、

ちょうど今日の朝、たまたまその会社の元同僚と
チャットをしていたんですが
こんなことを言っていました。

彼は、商品企画部から楽天、アマゾンの
受注処理の部署に移動するらしく

「中国とのやりとりが全然進まないので
 企画もうやりたくないです...」

と嘆いていたんですね。

これが、

中国輸入の真実ですね。笑

もちろん、

こんな失敗や、全く話が進まないことが
何回あったとしても乗り越えられる自信があれば
全くもって心配すること無く中国輸入に
チャレンジしていいと思います。

ですが、

従業員マインドのままだと
必ず嫌になってしまうと思います。

すごく良い商品を扱っている会社や
気が利く中国人単相者を見つけることが
出来ればいいのですが

1人目からそんな良い会社、良い人と
出会えるわけもなく、
最低でも、

5~6個の会社、5~6人の担当者

これくらいは当たらないと簡単には
見つからないと思います。

と実は、

僕も中国の深センという場所に
取引先があるのですがこの会社が
見つかるまでは

20個くらいの会社にメールを送りまくって
いくつかの会社にサンプルを送って貰って

「ココだ!」

と思ったいくつかの会社へ実際に見学に行きました。

その中で、

担当者の人柄、会社の規模、工場の品質管理
などの条件が納得できた取引先を
やっと見つけることができました。

また、

僕の経験上、優秀な担当者を見つけたいのなら
日本語では無く、英語でのやり取りは
必須だと思います。

 

 

今は、阿部悠人さんは「仮想通貨の億り人?」

話は本の著者のことに変わりますが
どうやら阿部悠人さんは今、

仮想通貨の高額セミナー・塾を
開いているようです...

物販系で儲けてそのお金を
仮想通貨に回し億り人に。

よく聞くことです。

また、

もうすぐビリオネアで10年以上前から
情報ビジネス界で活躍し続けている
メンターから聞いたことですが、

「仮想通貨で儲けた人たちはたまたま
仮想通貨が上がったから儲かっただけで
実力じゃないよね。

もちろん、

あがる前の仮想通貨に巨額のお金を投資した
勇気に関しては評価されるべきだけれど

これから上がるかも分からない仮想通貨。

それを人に教えるとかありえない。笑」

こんなことを言っていました。

と、僕は仮想通貨に関して全く詳しくないので
なんとも言えませんが...

とにかく、

本自体は悪くなかっただけに
なんだか複雑な気持ちです。

今日はこのあたりにしておきます。

では♪

 

日本人はラッキー!「ラクに副業・起業!」でももしインドに生まれたら...

プロダクト・ローンチを日本に持ってきた、大物が語った「ローンチの9割は詐欺!」

「元をとる方法」情報商材 セミナー 高額塾

 

 

 

 






メールアドレス*

-ただの「セミナー・塾・教材・本」レビュー

Copyright© SHO51.jp , 2018 All Rights Reserved.